Windows10

2017年12月 4日 (月)

Windows10の起動時に指定したアプリを自動実行するには。

古いWindowsにはスタートメニューに、「スタートアップ」という項目があったので、起動させたいアプリのショートカットをドラッグアンドドロップするだけで、簡単にアプリの自動実行ができていました。

しかし、Windows10のスタートメニューには、「スタートアップ」は見当りません。
実は、「スタートアップ」は隠しフォルダーとして今でも存在しています。
エクスプローラーのC:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\StartupがWindows10の「スタートアップ」フォルダーです。

Startup001_2

ここに動かしたいアプリのショートカットを保存すれば次回起動時から、自動的に実行されるようになります。

スタートアップ時に実行させたいアプリのショートカットをどうするかですが、デスクトップ上に既にあるならこれをコピーして貼り付ければよいでしょう。
デスクトップには見つからないが、スタートメニューに、アプリのアイコンがある場合は、右クリックして表示される「その他」→「ファイルの場所を開く」とショートカットが見つかるかもしれません。
「その他」が表示されない場合は、実行ファイルのありかを直接探す必要があります。

アプリの実行ファイルのありかが分かる場合は、例えば「C:\Program Files (x86)\Internet Explorer」にあるiexplorer.exeを右クリックして表示されるメニューから、デスクトップ上にショートカットを作成できます。

MicrosoftEdgeの実行ファイルのありかを見つけるのは結構苦労しました。
エクスプローラーを開いてありそうなところを片っ端から開いてみたのですが大変です。
MicrosoftEdgeの実行ファイルは以下のフォルダーで見つかりました。
C:\Windows\SystemApps\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe\MicrosoftEdge.exe

ちなみにアプリを自動実行させる方法はここまで書いてきた方法だけではありません。
私も、すべてを知っているのではないのですが、Windowsには、100通り以上の自動実行方法があるそうです。

追記:startupフォルダを開くのに簡単な方法があります。
Win+Rキーで、「ファイル名を指定して実行」を開き、「shell:startup」と入力して、「OK」を押せば、startupフォルダを直接開くことができます。

20171215
パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
シャットダウンができない?

最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2017年11月18日 (土)

Windows10のスタートメニューによく使うフォルダーを表示する。

スタートメニューの左側には、「アカウント」、「エクスプローラー」、「設定」などが初期設定で並んでいるが、ここには「ドキュメント」、「ダウンロード」、「ピクチャー」などのフォルダーを表示することもできる。

スタートメニュー、左端の歯車アイコン(設定)を開く。
個人用設定を開き画面左側の「スタート」をクリックする。
次に、「スタート画面に表示するフォルダーを選ぶ」をクリックする。

Folder003

今回は、私が頻繁に利用する「ダウンロード」フォルダーを登録してみた。

Folder001

スタートメニューに「ダウンロード」フォルダーが追加された。

Folder002

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
続・Microsoft Edgeが激重!


最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2017年10月25日 (水)

Microsoft Edgeの修復

Microsoft Edge に問題が発生した時に、簡単に修復を行えるようになりました。
インターネットエクスプローラーでは、問題が生じたときは、インターネットオプションを使って、修復やリセットができます。

Microsoft Edgeでも、インターネットオプションを使って修復、リセットできるという文書を見たことがあり、試したことがありますが、これだとインターネットエクスプローラーとMicrosoft Edgeの区別ができないんですよね。

今回のWindows10 Fall Creators UpdateでMicrosoft Edgeに修復とリセットの機能が追加されました。

まず、Winキー+Iから、「設定」→「アプリ」とたどる。

Apuri001右ペインにMicrosoft Edgeが見つかるので、クリックして、「詳細オプション」を開く。

Apuri002
そこに、「修復」と「リセット」が見つかるので、説明を読んで理解したうえで、実行してみよう。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

コラムの第38弾です。
▼ワイヤレスだと本当に快適!
いまさら聞けない「Bluetooth」の接続方法
https://latte.la/column/100215381


最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2017年10月14日 (土)

インターネットオプションを開くコマンド

インターネットオプションは、インターネットエクスプローラーのツールから開くことが多いのだが、マルウエアの削除などで、インターネットエクスプローラーを閉じた状態で、インターネットオプションを使わなければいけない場合もある。

そのような時は、コントロールパネルを開いて、「ネットワークとインターネット」とたどり、インターネットオプションを開くのが普通である。
ところがWindows10では、コントロールパネル自体が見つかりにくくなっている。

検索窓に、「コントロールパネル」と打ち込む必要があったり、スタートメニューから、「Windowsシステムツール」とたどる必要があったりする。

実のところ、インターネットオプションはコマンドを使うことで、コントロールパネルを使わなくても開くことができる。

Win+Rキーを使って、「ファイル名を指定して実行」を開き、「control inetcpl.cpl」と入力してOKをクリックすれば、直接、インターネットオプションを開くことができる。

Inecpl


おまけ。
マウスの設定は「control MOUSE」、キーボードの設定は、「control KEYBOARD」で開くことができる。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

コラムの第38弾です。
▼ワイヤレスだと本当に快適!
いまさら聞けない「Bluetooth」の接続方法
https://latte.la/column/100215381


最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2017年10月 6日 (金)

バックグラウンドで動作しているアプリ

Windows10では、人の操作を受けずにバックグラウンドで動作しているアプリがあります。

確認するには、「設定」→「プライバシー」→「バックグラウンドアプリ」とたどります。

Background001_2

通常、最初から、「アプリのバックグラウンド実行を許可する」がオンになっています。
下に、実行が許可されているアプリがたくさん並んでいますが、普段使用していないアプリはオフにすればいいでしょう。
電力の消費量が節約できる可能性があります。

ただし、中には、動作を停止すると他のアプリに影響を与えるものもあります。
左に並んでいる各項目を開いて、影響を確認してください。

また、タスクマネージャーを開いて、アプリの履歴タブを見ると、一ヶ月間のリソース消費量が確認できます。

Background002_2
私は、ここでリソースを消費していないアプリはバックグラウンド実行をオフにしています。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

コラムの第38弾です。
▼ワイヤレスだと本当に快適!
いまさら聞けない「Bluetooth」の接続方法
https://latte.la/column/100215381


最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2017年9月20日 (水)

Windows10 Creators Updateで、夜間モードがサポートされた。

Windows10 Creators Updateで、ディスプレイからブルーライトを減らす設定が追加された。

Win+Iキーで、設定を開く。
[システム] を開いて、 「ディスプレイ」の項目の「夜間モード」をオンにする。

Blue001


「夜間モード設定」から色合いや利用する時間帯 (スケジュール) を設定することができる。

Blue002
ブルーライトが、目に影響を与えると思う人はこの設定を利用するといい。

参考記事:ブルーライトをカットするPCディスプレイ設定方法!パソコン(Windows)とスマホ(iphone)のやり方

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

コラムの第37弾です。
▼写真・動画・ファイルが簡単に共有できる!
Windows10「OneDrive」の使い方と利用時の注意点
https://latte.la/column/99375627

最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2017年8月29日 (火)

パソコンの画面に突然「あ」、「A」が表示される。

Windows10をCreators Update(1703)にしてから画面の真ん中に大きく「あ」、「A」と表示されるようになりました。

これは日本語入力のモードを変更すると表示されます。
私はこれをありがたく思っているのですが、これを表示できないようにしてほしいという相談を受けたので、そのやり方を書くことにしました。

文字入力が可能なアプリを開くとタスクバー右の通知領域に、「あ」または、「A」が表示されますのでこれを右クリックしてからプロパティを選択します。
Microsoft IMEの設定が開いたら、「IME入力モード切替の通知」の下の「画面中央に表示する」のチェックを外します。

Ime001

最後に、「OK」をクリックすると「あ」、「A」は表示されなくなります。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

コラムの第36弾です。
▼文字コード「UTF-8」の基礎知識!サイト・ホームページの文字化けを防止
https://latte.la/column/98251259

最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2017年8月22日 (火)

Microsoft Edgeの検索エンジンを変更する。

Microsoft Edgeでは、Bingがデフォルトの検索エンジンに設定されているが、これは好みの検索エンジンに変更できる。
今回は、検索エンジンをグーグルに変更して見た。

1、Microsoft Edgeを開いて、上部右側の「・・・」をクリックする。

Eturan002

2、開いた画面の最下部にある「設定」をクリックする。
3、開いた画面を下にスクロールして、「詳細設定を表示」をクリックする。
4、「アドレスバーでの検索時に使う検索プロバイダー」という項目があるので、「検索エンジンの変更」をクリックする。

Kensaku001
5、開いた画面で、Googleを選んで、「既定として設定する」をクリックすれば、Googleを検索エンジンとして使えるようになる。

Kensaku002
ただし、Microsoft Edgeでは、一度も使われたことのない検索エンジンは選択項目に表示されないので、一度は、Googleを表示しておく必要がある。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

コラムの第36弾です。
▼文字コード「UTF-8」の基礎知識!サイト・ホームページの文字化けを防止
https://latte.la/column/98251259

最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2017年4月12日 (水)

Creators Update(1703)で変わったところ その1

Creators Update(1703)を使うようになって数日たったが、Anniversary Update(1607)を使っていた時と同じことをやる分には戸惑うようなことはあまりない。
Edgeに多少の変更が行われてる以外はデスクトップ画面では何も変わったところはないように見える。

ただ、いろいろと扱っていくうちに気がついたことがあるので、紹介しよう。
まず気がついたのが、コントロールパネルの開き方が難しくなっていることだ。
「スタート」ボタンを右クリックするか、Win+Xで開くメニューの「コントロールパネル」があった場所が「設定」に置き換えられている。

Menux001_2
コントロールパネルはCreators Update(1703)でも、「設定」から呼び出されることが良くあるようだ。
必要な時には単独で呼び出せるようにしておきたい。
そこで、Win+Rを使って、「ファイル名を指定して実行」を開き、「control」を入力、実行してみた。
この手順で、「コントロールパネル」を開けることが確認できた。

Control001

Controlpanel001

また、コルタナに聞くことによっても見つけることができた。

次に、「スタート」ボタンを右クリックするか、Win+Xで開くメニューの「コマンドプロンプト」があったところが、「PowerShell」に置き換わっていた。

Menux002

これをもとのコマンドプロンプトに戻す方法も探してみた。
これは、「設定」→「個人用設定」→「タスクバー」を開く。
次に、「[スタート] ボタンを右クリックするか Windows キー + X キーを押したときに表示されるメニューで、コマンド プロンプトを Windows PowerShell に置き換える」をオフにする。
これで、メニューにコマンドプロンプトが表示されるようになる。

Taskbarx001
コマンドプロンプトは仕事でも使う機会がよくあるのでこの設定を頭の中に入れておきたい。

Creators Update(1703)では、使い慣れたペイントがペイント3Dに置き換えられると聞いていたが、ペイントも残っているようだ。
ありがたい。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

コラムの第32弾です。
無線LANと有線LANの違いを説明!ネット接続はどちらがいい?比較してみる
https://latte.la/column/91166669

最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2017年4月 4日 (火)

Windows10の初期バージョン(1507)のサポートが5月に終わる

WindowsVistaのサポート終了が話題になっていますが、Windows10の初期バージョン(1507)も5月でサポートが終わります。

自分が利用しているWindows10のバージョンが分からない。
いつの間にかサポートがなくなっていると困ると思われる向きは、この際に自分が使っているWindowsのバージョンの調べ方を覚えましょう。

Winキー+Rで、「ファイル名を指定して実行」を開きます。

Version001

次に、「winver」と入力して、OKをクリックします。

Version002
これで、バージョン情報が表示されます。
バージョン1607となっていれば、AnniversaryUpdateが適用されています。

米国時間の4月11日に、次のメジャーアップデート(creators update)が公開されます。全世界同時というわけではないようでupdateが適用できるになるまで待たされる場合があります。

名前は、(creators update)ですが、クリエータの方専用というわけではありません。

たくさんの機能追加や修正などが加えられていますので、updateを適用しておきましょう。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

コラムの第32弾です。
無線LANと有線LANの違いを説明!ネット接続はどちらがいい?比較してみる
https://latte.la/column/91166669

最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

御挨拶

  • ◎「パソコンを便利に使う(Windows編)」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。リンクだけで本文のないコメントは原則として承認しません
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Twitter

Facebook

amazon

  • 初期設定の依頼時に使ってみました。役に立ちます。

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。

Feedly

  • follow us in feedly