Windows10

2018年9月 5日 (水)

Microsoft Edgeで 選択した文字列で右クリックすると「 Google」 で検索できる

元々、Microsoft Edgeでは、選択した文字列を右クリックすると『「文字列」についてCortanaに質問する』というメニューが出て、「Bing」で検索した結果が表示される。

ここしばらくこの機能を利用していなかったのだが、(Googleのサイトを開いて検索していた)今日、ふと右クリックしてみると『Google内の「文字列」の検索』というメニューが追加されていた。

Kensaku001_2

実は、このことについては、「世の中は不思議なことだらけ」というブログの「Microsoft Edge 選択した文字列で右クリックすると Google で検索できる!(Ver.1709)」という記事を読んで知っていた。
これは今年の3月ごろの記事である。

しかし、少なくとも2週間ほど前までは、『Google内の「文字列」の検索』というメニューは表示されておらず、すっかり忘れていた。

この機能が使えるようになったのは、Microsoft Edgeの検索エンジンをGoogleに変更したことと最新の更新を適用したことだと思うがまだよく調べてないので確信はない。

参考記事:Microsoft Edgeの検索エンジンを変更する。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
土曜の夜は映画観賞

最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2018年8月16日 (木)

デスクトップに置かれているアイコンを非表示にするには。

Windowsのデスクトップに表示されているアイコンを見せたくない時がたまにある。

事務所に来ているお客さんにパソコンを使って説明をしているようなときに、たまにアイコンを見て、これはどういう時に利用するんですかという質問をされることがあるのだ。

いちいち、応答していると本筋と関係ないことに時間を消費することになるので、最近は、デスクトップ上のアイコンを一時的に非表示にしている。
決して怪しいアイコンがあるわけではないsweat01

やり方は簡単で、デスクトップ上の空いたところで右クリックし、表示されたメニューをたどり、「デスクトップアイコンの表示」の左にあるチェックを外す。

Icon001_2


これでアイコンは見えなくなる。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
土曜の夜は映画観賞

最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2018年5月21日 (月)

タスクマネージャーに、若葉マークが?

Windows 10 April 2018 Update(バージョン1803)に更新した後で、タスクマネージャーを開くとプロセスタブ内の「状態」に若葉マークのように見えるアイコンが表示されている。

初心者マークのはずはないと思うのだが何だろう?

Wakaba001_2

詳しく見てみると、若葉のマークの前に「中断」と表示されている。

Wakaba002

どうやらWindows10で実行されているUWPアプリケーションがバックグラウンドに回った時の状態を表現するものらしい。

参考記事:UWPアプリケーションとは

参考記事:Anniversary UpdateでUWPアプリの動作が変化する? - 阿久津良和のWindows Weekly Report

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
マイクロソフトエッジの新機能。

最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2018年2月26日 (月)

リカバリして古いWindowsに戻ったPCをWindows10に再アップグレードするには

最近、何度かパソコンの故障などで、Windows7やWindows8.1を再インストールした場合、Windows10へのアップグレードは無料でできるのか聞かれました。

マイクロソフトは、一旦Windows10にアップグレードしたパソコンでは、リカバリなどで、古いWindowsに戻った場合でも、無料で再アップグレードできるとしています。

リカバリ後のWindowsには、アップグレードに使うアイコンなどは表示されません。
代わりに以下のサイトからアップグレードできるようになっています。

Windows 10 April 2018 Update が利用可能になりました

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

Win10downroad_2
最近行ったパソコンサポートでもリカバリを実施した後、このサイトを利用して、Windows10に再アップグレードしました。
ツールをダウンロードして実行した後は、画面の指示に従って操作していれば特に問題は起きません。
ただ、それなりに時間がかかります。
反応がなくて、どうしたんだろうと思うこともありますが気長に待つのがいいようです。
間違っても電源を切ってはいけません。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
セーフモードが解除できない。

最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2017年12月24日 (日)

コマンドラインの編集

 コマンドプロンプトでは、前に実行したコマンドを繰り返したり、少しだけパラメーターを変えて実行したくなることがある。
そのような場合に使うために各キーに編集用のショートカットが割り当てられている。
これらのショートカットキーを使いこなせばコマンド文の編集が手軽にできるだろう。

以下にまとめて紹介する。

コマンドライン編集用のキーボードショートカットキー

キー
動作の説明

1、[←]
カーソルを1文字左へ移動

2、[→]
カーソルを1文字右へ移動

3、[Ctrl]+[←]
カーソルを1単語分左へ移動

4、[Ctrl]+[→]
カーソルを1単語分右へ移動

5、[Home]
カーソルを行頭へ移動

6、[End]
カーソルを行末へ移動

7、[Insert]
挿入モードと上書きモードの切り替え。モードでカーソルの大きさが変わる

8、[Delete]
カーソル位置の1文字を削除

9、[Back Space]
カーソルの直前の1文字を削除

10、[Ctrl]+[Home]
行頭からカーソルの直前までを全部削除

11、[Ctrl]+[End]
カーソル位置から行末までを全部削除

12、[Ctrl]+[C]
入力をキャンセルして次行先頭へ移動

13、[F1]
直前の履歴の内容を1文字だけコピー

14、[F2]
直前の履歴から、指定した文字までコピー

15、[F3]
直前の履歴内容のコピー。何も入力していない状態で押すと直前の履歴を表示することになるが、行の途中で押すと、そこから行末までがコピーされる

16、[F4]
直前の履歴から、指定した文字まで削除

17、[F5]
1つ前の履歴へ移動

18、[F7]
コマンド履歴の番号とコマンドラインをポップアップ表示

19、[F8]
入力した文字列にマッチする履歴へ移動。繰り返し押すとマッチするものを順次表示する

20、[F9]
指定した履歴番号へ移動。履歴番号は先に[F7]を押して確認する

21、[↑]
1つ前の履歴へ移動

22、[↓]
1つ後の履歴へ移動

23、[Page Up]
履歴リストの先頭へ移動

24、[Page Down]
履歴リストの最後へ移動

25、[Alt]+[F7]
履歴を全て削除

26、[Esc]
入力を全てキャンセルして行をクリア

27、[Enter]
コマンドの実行

少し挙動が分かりにくいショートカットがあるので、実際に実行して、確認してほしい。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
パソコンがスリープモードから目覚めない。

最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2017年12月23日 (土)

コマンドプロンプトのレイアウトを設定

Windowsのアプリでは画面サイズを自由に変更できるが、コマンドプロンプトではこれができない。
理由は、古いDOSの画面(画面幅が固定のコンソール画面)をエミュレートしているからだ。

DOSの時代には画面のサイズを自由に変更するなどということは考えられなかった。
しかし、Windows上のコマンドプロンプトではプロパティのレイアウトタブからサイズを変更できるようになっている。

20171223_2

というわけで、コマンドプロンプトの画面サイズを使いやすいように変更して見よう。
コマンドプロンプトの画面サイズ(桁数と行数)は通常、80桁×25行となっているが、これでは狭すぎるので拡げてみたい。

画面バッファーのサイズ

幅 これは仮想的なコンソール画面の幅を表す。100桁以上にするのがよい。「ウィンドウのサイズの幅」を広げると自動的に連動するので、そのままにしておいていい。

高さ 仮想的なコンソール画面の高さを表す。このサイズを超えて出力されたテキストは、どんどん上にスクロールしていって見ることはできない。デフォルトでは300行だが、コマンド出力の結果が多いと入り切らないので、最大値の9999行まで増やしておきたい。

ウィンドウのサイズ

幅 コマンドプロンプトウィンドウの物理的な幅(桁数)を表している。通常最初は80桁しかなくて狭いので、100桁とか120桁などに増やしておこう。この値を増加させると「画面バッファサイズの幅」も自動的に連動する。

高さ コマンドプロンプトウィンドウの高さ(行数)を表す。30行とか40行など、なるべく画面いっぱいになるようにセットしておくとよい。

 以上の設定変更が終わった後、[OK]をクリックすれば、設定が保存され、直ちにコマンドプロンプトウィンドウに反映される。

20171223_1

この画像じゃよくわからないな。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
パソコンがスリープモードから目覚めない。

最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2017年12月 4日 (月)

Windows10の起動時に指定したアプリを自動実行するには。

古いWindowsにはスタートメニューに、「スタートアップ」という項目があったので、起動させたいアプリのショートカットをドラッグアンドドロップするだけで、簡単にアプリの自動実行ができていました。

しかし、Windows10のスタートメニューには、「スタートアップ」は見当りません。
実は、「スタートアップ」は隠しフォルダーとして今でも存在しています。
エクスプローラーのC:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\StartupがWindows10の「スタートアップ」フォルダーです。

Startup001_2

ここに動かしたいアプリのショートカットを保存すれば次回起動時から、自動的に実行されるようになります。

スタートアップ時に実行させたいアプリのショートカットをどうするかですが、デスクトップ上に既にあるならこれをコピーして貼り付ければよいでしょう。
デスクトップには見つからないが、スタートメニューに、アプリのアイコンがある場合は、右クリックして表示される「その他」→「ファイルの場所を開く」とショートカットが見つかるかもしれません。
「その他」が表示されない場合は、実行ファイルのありかを直接探す必要があります。

アプリの実行ファイルのありかが分かる場合は、例えば「C:\Program Files (x86)\Internet Explorer」にあるiexplorer.exeを右クリックして表示されるメニューから、デスクトップ上にショートカットを作成できます。

MicrosoftEdgeの実行ファイルのありかを見つけるのは結構苦労しました。
エクスプローラーを開いてありそうなところを片っ端から開いてみたのですが大変です。
MicrosoftEdgeの実行ファイルは以下のフォルダーで見つかりました。
C:\Windows\SystemApps\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe\MicrosoftEdge.exe

ちなみにアプリを自動実行させる方法はここまで書いてきた方法だけではありません。
私も、すべてを知っているのではないのですが、Windowsには、100通り以上の自動実行方法があるそうです。

追記:startupフォルダを開くのに簡単な方法があります。
Win+Rキーで、「ファイル名を指定して実行」を開き、「shell:startup」と入力して、「OK」を押せば、startupフォルダを直接開くことができます。

20171215
パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
シャットダウンができない?

最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2017年11月18日 (土)

Windows10のスタートメニューによく使うフォルダーを表示する。

スタートメニューの左側には、「アカウント」、「エクスプローラー」、「設定」などが初期設定で並んでいるが、ここには「ドキュメント」、「ダウンロード」、「ピクチャー」などのフォルダーを表示することもできる。

スタートメニュー、左端の歯車アイコン(設定)を開く。
個人用設定を開き画面左側の「スタート」をクリックする。
次に、「スタート画面に表示するフォルダーを選ぶ」をクリックする。

Folder003

今回は、私が頻繁に利用する「ダウンロード」フォルダーを登録してみた。

Folder001

スタートメニューに「ダウンロード」フォルダーが追加された。

Folder002

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
続・Microsoft Edgeが激重!


最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2017年10月25日 (水)

Microsoft Edgeの修復

Microsoft Edge に問題が発生した時に、簡単に修復を行えるようになりました。
インターネットエクスプローラーでは、問題が生じたときは、インターネットオプションを使って、修復やリセットができます。

Microsoft Edgeでも、インターネットオプションを使って修復、リセットできるという文書を見たことがあり、試したことがありますが、これだとインターネットエクスプローラーとMicrosoft Edgeの区別ができないんですよね。

今回のWindows10 Fall Creators UpdateでMicrosoft Edgeに修復とリセットの機能が追加されました。

まず、Winキー+Iから、「設定」→「アプリ」とたどる。

Apuri001右ペインにMicrosoft Edgeが見つかるので、クリックして、「詳細オプション」を開く。

Apuri002
そこに、「修復」と「リセット」が見つかるので、説明を読んで理解したうえで、実行してみよう。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

コラムの第38弾です。
▼ワイヤレスだと本当に快適!
いまさら聞けない「Bluetooth」の接続方法
https://latte.la/column/100215381


最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2017年10月14日 (土)

インターネットオプションを開くコマンド

インターネットオプションは、インターネットエクスプローラーのツールから開くことが多いのだが、マルウエアの削除などで、インターネットエクスプローラーを閉じた状態で、インターネットオプションを使わなければいけない場合もある。

そのような時は、コントロールパネルを開いて、「ネットワークとインターネット」とたどり、インターネットオプションを開くのが普通である。
ところがWindows10では、コントロールパネル自体が見つかりにくくなっている。

検索窓に、「コントロールパネル」と打ち込む必要があったり、スタートメニューから、「Windowsシステムツール」とたどる必要があったりする。

実のところ、インターネットオプションはコマンドを使うことで、コントロールパネルを使わなくても開くことができる。

Win+Rキーを使って、「ファイル名を指定して実行」を開き、「control inetcpl.cpl」と入力してOKをクリックすれば、直接、インターネットオプションを開くことができる。

Inecpl


おまけ。
マウスの設定は「control MOUSE」、キーボードの設定は、「control KEYBOARD」で開くことができる。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

コラムの第38弾です。
▼ワイヤレスだと本当に快適!
いまさら聞けない「Bluetooth」の接続方法
https://latte.la/column/100215381


最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

御挨拶

  • ◎「一ノ谷博士のパソコン豆知識(Windows編)」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。リンクだけで本文のないコメントは原則として承認しません
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Twitter

Facebook

amazon

  • 「戦争のできる国」への準備が進んでいる
  • 「雪(そそ)ぐ人」 冤罪事件に挑み続ける

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。

Feedly

  • follow us in feedly