« Windows10 1809では、文字の大きさを今より大きくできるようになった。 | トップページ | スマホがネットにつながらなくなった。 »

2018年12月19日 (水)

パソコンのデータ削除。クイックフォーマットと通常フォーマットの違い。

パソコンでフォーマットというと通常はクイックフォーマットのことである。
クイックという文字が前についているのは、本来のフォーマットに比べて時間がかからないからである。

ここでいう本来のフォーマットとは、ディスクの保存領域を区切って番地を割り当て、ディスクを使用可能な状態にすること、もしくは一度区切って番地を付けた領域を白紙に戻して、新しく仕切り直す一連の処理のことである。
物理フォーマットという。

フォーマットの結果つくられた「どの場所にどのデータが保存されているか」を示す情報は管理情報としてディスク内に保存されている。

クイックフォーマットではディスク上に保存されているデータ全体には操作を加えず、代わりに、管理情報内の保存領域のみ削除している。

Format001

フォーマット時にクイックフォーマットの左のチェックを外して行うフォーマットを通常フォーマットと呼ぶが、この場合にはクイックフォーマットに加えて、ディスクの不良個所のチェックをしている。
これはディスク全体に対して行われ、見つかったディスクの不良個所は利用されないようにする。
このために、クイックフォーマットに対して時間がかかる。

必要なデータが入っているハードディスクをフォーマットした場合でも、ディスクの管理情報は消されても実際のデータは残っているので、復元ソフトを使って復元できる場合もある。

消えたデータの修復に役立つソフト

 

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
パソコンが応答してくれない。

核廃絶を訴えるヒバクシャ国際署名に協力しています。
http://hibakusha-appeal.net/index.html

 

最後まで読んでくれてありがとう。

クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

« Windows10 1809では、文字の大きさを今より大きくできるようになった。 | トップページ | スマホがネットにつながらなくなった。 »

パソコンの基礎知識」カテゴリの記事

パソコンの設定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Windows10 1809では、文字の大きさを今より大きくできるようになった。 | トップページ | スマホがネットにつながらなくなった。 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

御挨拶

  • ◎「一ノ谷博士のパソコン豆知識(Windows編)」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。リンクだけで本文のないコメントは原則として承認しません
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Twitter

Facebook

amazon

  • 最大約6Gビット/秒(5GHz帯は4803Mビット/秒、2.4GH帯は1147Mビット/秒)のWi-Fi 6対応に加え、10GbE対応のWAN/LANポートを1つずつ搭載。
  • マルタイの棒ラーメン。常時在庫中(笑)

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。

Feedly

  • follow us in feedly