« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月25日 (土)

管理者モードでコマンドプロンプトを開くいくつかの方法。

Windowsを使うのに、通常、コマンドを手入力する場面はない。
しかし、トラブルが起きるとにわかに、コマンドプロンプトを開いてコマンドを入力する機会が増える。

そこで、まず管理者モードでコマンドプロンプトを開く方法を覚えよう。
1、スタートメニュー→Windowsシステムツール→コマンドプロンプト→その他→管理者として実行
たぶんこれが一番簡単にコマンドプロンプトを管理者モードで実行できる方法だと思う。

Command001


Command002_2

2、タスクマネージャーを開く。
これを開くのは自分が知る限りでは、「Ctrl」+「Shift」+「Esc」を使って開くのが一番簡単。
タスクマネージャーが開いたら、「ファイル」→「新しいタスクの実行」を選ぶ。

Command003


「新しいタスの作成」が開いたら「cmd」と入力し、「このタスクに管理者権限を付与して作成します」にチェックを入れる。
「OK」をクリックすれば、管理者モードでコマンドプロンプトが開く。

3、Windowsアイコンを右クリックして開いたメニューから「コマンドプロンプト」(管理者)を選ぶ。

Command005


本来なら、これが一番簡単に「コマンドプロンプト」(管理者)を選ぶ方法のはずだが、現在のWindows10では、コマンドプロンプトがあるはずのところが、Windows PowerShellになっている。
これは、タスクバーの何もないところを右クリックして表示されるメニューから「タスクバーの設定」を選び、開いた画面から「Windows PowerShell」を「コマンドプロンプト」に変更する。
この手続きが面倒なので3番目になっている。

Command004

4、あらかじめ、コマンドプロンプトを開いて、タスクバーにピン留しておく。
Ctrl+Shiftキーを押しながら、タスクバーにピン留したコマンドプロンプトを左クリックする。
UACの確認ダイアログが表示されるので「はい」を選択する。
これで、コマンドプロンプトが管理者モードで起動する。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
マウスのホイールが回らない。


最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2017年11月23日 (木)

LibreOffice5.4をMSオフィスの代わりに使う。

パソコンのトラブルで、Windows10を初期化した。
その過程で、アプリケーションソフトが全て削除され、動作が軽くなったのは大変ありがたいのだが、やはりソフトがないと困る。

とりあえず、今月の支払いを計算するためにフリーのオフィスソフトをインストールすることにした。
計算だけなら、電卓でできるわけだが、記録を残しておく必要があるので、エクセルのようなソフトが一つはほしい。

LibreOffice5.4はマイクロソフト・オフィスの互換ソフトで、ワードやエクセルの代わりには十分になる。
マイクロソフト・オフィスになれている人ならすぐに使えると思う。

Libre002

ダウンロードは、以下のサイトからできる。
https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-stable/

Libre001

また、以前は日本語のヘルプがなかったのだが、追加のソフトをインストールすることで利用できるようになった。

Libre003

LibreOffice5.4があればワードやエクセル、パワーポイントのファイルを受け取った場合でも、開いて編集可能である。保存もマイクロソフト・オフィス形式でできる。

VBAで書かれたマクロはそのままでは実行できないが、LibreOffice5.4で、読み込んで Basic IDE エディターで表示および編集ができる。

参考記事:LibreOfficeマクロ入門 この記事はなかなか面白い。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
ハードディスクを認識していない。


最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2017年11月18日 (土)

Windows10のスタートメニューによく使うフォルダーを表示する。

スタートメニューの左側には、「アカウント」、「エクスプローラー」、「設定」などが初期設定で並んでいるが、ここには「ドキュメント」、「ダウンロード」、「ピクチャー」などのフォルダーを表示することもできる。

スタートメニュー、左端の歯車アイコン(設定)を開く。
個人用設定を開き画面左側の「スタート」をクリックする。
次に、「スタート画面に表示するフォルダーを選ぶ」をクリックする。

Folder003

今回は、私が頻繁に利用する「ダウンロード」フォルダーを登録してみた。

Folder001

スタートメニューに「ダウンロード」フォルダーが追加された。

Folder002

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

一ノ谷博士のPCサポート日誌
続・Microsoft Edgeが激重!


最後まで読んでくれてありがとう。
クリックしてくれると励みになります。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

御挨拶

  • ◎「パソコンを便利に使う(Windows編)」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。リンクだけで本文のないコメントは原則として承認しません
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Twitter

Facebook

amazon

  • 初期設定の依頼時に使ってみました。役に立ちます。

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。

Feedly

  • follow us in feedly