« CMOSクリア(BIOSの初期化)のやり方。 | トップページ | ネットワークトラブルのチェックポイント(私家版) »

2016年10月11日 (火)

@outlook.comをIMAPサーバーで利用するときに必要な設定データ。

Windows Live メール 2012を使っていて、Microsoft のWebメール(@outlook.com)が、エラーメッセージが表示されてメールの送受信ができない場合、メールサーバーの設定を手動で「IMAP」に変更すると送受信ができるようになる。

@outlook.jp、@hotmail.co.jp、@live.jpでも同じ設定が利用できる。

メールサーバーの設定を以下のようにする。

受信サーバー情報

サーバーの種類
IMAP

サーバー アドレス
imap-mail.outlook.com
ポート
993

セキュリティで保護された接続 (SSL) が必要
チェックを入れる

ログオンユーザー名
@以降を含める(メールアドレス全体)

送信サーバー情報

サーバー アドレス
smtp-mail.outlook.com
ポート
25 (25 がブロックされていて利用できない場合は 587)

セキュリティで保護された接続 (SSL) が必要
ポートを587にした場合は、チェックを入れる

認証が必要
チェックを入れる

(2016年10月現在)

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

コラムの第26弾です。
「iPhone7(Plus)」の特徴と新機能まとめ!iPhone6と比較して使いやすい?
https://latte.la/column/79085223

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

« CMOSクリア(BIOSの初期化)のやり方。 | トップページ | ネットワークトラブルのチェックポイント(私家版) »

メール関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561038/64331031

この記事へのトラックバック一覧です: @outlook.comをIMAPサーバーで利用するときに必要な設定データ。:

« CMOSクリア(BIOSの初期化)のやり方。 | トップページ | ネットワークトラブルのチェックポイント(私家版) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

御挨拶

  • ◎「パソコンを便利に使う(Windows編)」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。リンクだけで本文のないコメントは原則として承認しません
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Twitter

Facebook

amazon

  • 初期設定の依頼時に使ってみました。役に立ちます。

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。

Feedly

  • follow us in feedly