« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

ランサムウェアとは

ランサムウェアという言葉を去年あたりから時々耳にするようになりました。
ランサムウェアというのは、マルウェア(悪意のあるソフトウェア)の1種です。

ランサムウェアは、ユーザーの許可なくパソコンにインストールされ、パソコン内に保存されているワードやエクセルなどでつくられたファイル、圧縮ファイル、画像ファイルや音楽ファイルなどを勝手に暗号化し、読み取れないようにします。

その後で「ファイルの復元」を条件にして、金の支払いを要求するポップアップウィンドウを表示します。

このファイルを人質にして、身代金を要求するという行為から、ランサムウェアという言葉は、Ransom(身代金)とSoftware(ソフトウェア)を組み合わせて作られました。

ランサムウェアは、多くの場合、電子メールと一緒にやってくる悪意のある添付ファイルを開いたときや、SNSの投稿記事や掲示板に書かれている文中にある悪意のあるリンクをクリックしたときにインストールされます。

暗号化されたデータを回復するには、身代金を支払って犯人からランサムウェアの秘密鍵を受け取らない限り、非常に困難です。
一度暗号化されてしまうと、秘密鍵を解読することはほとんど不可能です。

ランサムウェアの被害を回避するためには、まず、セキュリティ対策ソフトを導入し、定義ファイルを常に最新に保っておきます。
次に、OSおよびアプリケーションソフトを最新の状態にしておき、脆弱性をなくして感染のリスクを減らします。
ランサムウェアによって暗号化されたファイルは秘密鍵が手に入っても復元できるとは限りません。
そのため外付けのハードディスクに重要なデータをバックアップします。
ランサムウェアはパソコンに接続されたUSBメモリや、外付けのハードディスク、LANで接続されたほかのパソコンにも感染するので、バックアップを取ったハードディスクなどを切り離しておく必要があります。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

コラムの第17弾です。
迷惑メールはなぜ来る?広告・アダルトメールが届く原因と対策方法
https://latte.la/column/58886033

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2016年2月 3日 (水)

Windows Update クリーンアップとは。

Windows Updateでは過去に更新されたプログラムのコピーが削除されずにそのままディスク上に保存されており、徐々にディスクの領域を圧迫していきます。

この問題を解決するために、Windows 7 Service Pack 1 に、更新プログラム KB2852386 をインストールすると、ディスクのクリーンアップ (cleanmgr.exe) に 「Windows Update のクリーンアップ」 という項目が追加されました。

なお、 Windows 8.1およびWindows 10で は、既定でこの項目が存在します。

Winupdatecleanup

「Windows Update のクリーンアップ」 のチェック ボックスを ON にした状態でディスク クリーンアップを実行すると、過去にインストールされ、不要になった更新プログラムのコピーが削除されます。

削除されるのは、システム側で差分の状態をチェックして消去しても問題がないと判断した更新プログラムのコピーだけです。
最新版のコンポーネントは残されるため、セキュリティ上のリスクは発生しません。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

コラムの第17弾です。
迷惑メールはなぜ来る?広告・アダルトメールが届く原因と対策方法
https://latte.la/column/58886033

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

2016年2月 2日 (火)

Windows 7/8.1が自動的にWindows 10へアップグレードされる

 米マイクロソフトは2月2日に配布した「Windows 7」および「Windows 8.1」の「Windows Update」で、これまでオプション扱いだったWindows 10へのアップグレードを「推奨される更新プログラム」に昇格させた。

これにより、Windows Updateを自動更新にしているWindows 7/8.1ユーザーは、今回の更新でWindows 10へのアップグレードが自動的に始まる。

ただし、途中でアップグレードを実行するかどうかの意思確認が行われるので、そこで中止することもできる。
また、31日以内なら元のWindowsに戻すことができる。

自動更新に関連するプログラムは「KB2952664」と「KB3035583」の2つである。
Windows 10へのアップグレードをさせないようにするには、コントロールパネルの、「Windows Update」を開いて自動更新の設定を別の設定に変更して、更新が自動的に始まらないようにしておく。

次に、「Windows Update」→「更新プログラムの確認」を開いて、「重要な更新プログラム」のリストに「KB2952664」と「KB3035583」の2つが見つかったら、上記のプログラムを1つずつ右クリックして「更新プログラムの非表示」に設定する。

参考記事 「Windows Update の「Bing デスクトップ」を隠すには」

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly

follow us in feedly

コラムの第16弾です。
無料でウイルス対策!マイクロソフトの「セキュリティエッセンシャルズ」とは
https://latte.la/column/56441884

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

御挨拶

  • ◎「パソコンを便利に使う(Windows編)」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。リンクだけで本文のないコメントは原則として承認しません
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Twitter

Facebook

amazon

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。

Feedly

  • follow us in feedly