« ファイルの属性を変更するときに使うコマンド ATTRIB | トップページ | スタートメニューに「ファイル名を指定して実行」を表示する。 »

2011年9月13日 (火)

「Windows」キーと他のキーを組み合わせたショートカットキー

Windowsキー(ウィンドウズキー)というのは、キートップWindowsのロゴマークが描かれたキーのこと。
ショートカット キーというのは、複数のキーの組み合わせであり、これらを押すと、通常はマウスなどが必要な操作を実行できる。

Windowsキーと他のキーと組み合わせて使うことによって、Windowsにおける操作の利便性を上げることができる。

「Win」 スタートメニューを表示
「Win」+「B」 タスクトレイを選択
「Win」+「D」 デスクトップを表示する。
「Win」+「E」 「コンピュータ」をエクスプローラーで開く。
「Win」+「F」 検索ウィンドウを開く
「Win」+「M」 すべてのウィンドウを最小化する。
「Win」+「M」+「Shift」 「Win」+「M」で最小化したウィンドウを元へ戻す。
「Win」+「R」 「ファイル名を指定して実行」を実行
「Win」+「T」 タスクバー上のウィンドウを順に選択する。
「Win」+「Pause」 システムウィンドウを開く。
「Win」+数字 クイック起動に登録しているプログラムの左から(押した数字)番目を起動

これらのショートカットキーは慣れると非常に便利である。
特に「Win」+「R」などはレジストリの記事を書くときなどに頻繁に使う。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
携帯からはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

« ファイルの属性を変更するときに使うコマンド ATTRIB | トップページ | スタートメニューに「ファイル名を指定して実行」を表示する。 »

Windowsを操作する。キーボード編」カテゴリの記事

豆知識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561038/52719797

この記事へのトラックバック一覧です: 「Windows」キーと他のキーを組み合わせたショートカットキー:

« ファイルの属性を変更するときに使うコマンド ATTRIB | トップページ | スタートメニューに「ファイル名を指定して実行」を表示する。 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

御挨拶

  • ◎「パソコンを便利に使う(Windows編)」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。リンクだけで本文のないコメントは原則として承認しません
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Twitter

Facebook

amazon

  • 福岡高校創立100周年記念

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。

Feedly

  • follow us in feedly