« ネットワーク接続状況を確認するコマンド(NETSTAT) | トップページ | ファイルの属性を変更するときに使うコマンド ATTRIB »

2011年8月31日 (水)

ハードウェアの安全な取り外しのアイコンが表示されていないときには

 

USBメモリーをパソコンに刺していて 外そうと思ったら、ハードウェアの安全な取り外しのアイコンが消えていて外せなくなった。このような状況での対策を書く。

スタートボタンをクリックして、ファイル名を指定して実行の欄に次のコマンドをコピーして貼り付ける。コピーがうまくいったらEnterを押して実行する。
rundll32 shell32.dll,Control_RunDLL hotplug.dll

Filerun


これでハードウェアの安全な取り外しの 画面が表示されるだろう。

Torihazusi

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
携帯からはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

« ネットワーク接続状況を確認するコマンド(NETSTAT) | トップページ | ファイルの属性を変更するときに使うコマンド ATTRIB »

パソコンの設定」カテゴリの記事

豆知識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561038/52612364

この記事へのトラックバック一覧です: ハードウェアの安全な取り外しのアイコンが表示されていないときには:

« ネットワーク接続状況を確認するコマンド(NETSTAT) | トップページ | ファイルの属性を変更するときに使うコマンド ATTRIB »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

御挨拶

  • ◎「一ノ谷博士のパソコン豆知識(Windows編)」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。リンクだけで本文のないコメントは原則として承認しません
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Twitter

Facebook

amazon

  • 「戦争のできる国」への準備が進んでいる
  • 「雪(そそ)ぐ人」 冤罪事件に挑み続ける

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。

Feedly

  • follow us in feedly