ご案内

  • ◎「一ノ谷博士の四方山話」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ人気ブログランキングへ

Twitter

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。
無料ブログはココログ

カテゴリー

Windows Vista

2016年4月11日 (月)

Windows Vistaのサポート終了まで1年

Windows Vistaの延長サポートが、今日から1年後の2017年4月11日で終わる。
XPのサポート終了ほどの騒ぎにはなりそうもないが、私がサポートを依頼された経験から言うと、今でもWindows Vistaを利用している個人や職場はそれなりに残っていると思う。

サポート期間が終わると、毎月1度のセキュリティ更新プログラムの提供が終了してしまう。また臨時のセキュリティ更新プログラムも提供されなくなる。
システムの脆弱性が新しく発見されても修正されることがなくなるので、インターネットを利用した場合などに、ウイルスなどに感染する可能性が増えてしまう。

また、サポートが切れたOS上で動作するソフトもサポートされなくなってしまう。
例えば、グーグルはWindows Vistaで動作するブラウザ「Google Chrome」のサポートを2016年4月で打ち切っている。

Windows VistaのマイナーアップデートであるWindows 7は、2020年1月15日にサポート終了の予定になっているが、こちらは2016年7月29日まではWindows 10に無償でアップグレード可能である。
しかし、Windows Vistaには、このような手段は用意されていないので、有償でサポート期限切れまでまだ間があるOSにアップグレードするか、新しいパソコンを購入することを考慮したほうがいいだろう。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第19弾です。
無線LAN(Wi‐Fi)が繋がらない原因と11の対処法
https://latte.la/column/64997920

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2015年12月28日 (月)

久しぶりにWindowsVista SP1のインストールを依頼された。

プリンタを買い替えたので、付属のソフトをインストールしようとしたら、SP1を先に入れるようにというメッセージが出た。
パソコンでは、WindowsVistaが動いている。
そこでインターネットからWindowsVistaのサービスパック1をダウンロードしてインストールしてみたがうまくいった様子がない。

という電話をいただき、依頼人になり替わってWindowsVistaのサービスパック1をインストールするよう依頼された。
中古のパソコンを購入されたようだが、動かしてみるとそれなりに軽く動いている。
早速、インストールの準備にとりかかった。

まずセキュリティ対策ソフトを停止する。
次に、「システムの構成」を開いて、スタートアップに登録されているプログラムを実行されないようにする。
最後に、マイクロソフト以外のサービスを実行しないようにする。

ここまで準備が済んだら、かねて用意しているCDに焼かれたサービスパック1をインストールする。
インストールは順調に進んだがそれでも、「サービスパック1のインストールは正常に完了しました」という表示が出るまで1時間かかった。

無印のVistaが動いているのは久しぶりに見た。
インストールの待ち時間の間に依頼人は、新しいパソコンを購入することを考えているといわれたので、Vistaは2017年4月でサポートが終了することを伝えた。

その後、プリンタ用のソフトをインストールしてみたが、順調に終了した。
依頼人は、エクセルでつくった帳票をテスト印刷して、満足の意を示してくれた。

今年はこれが最後の仕事になるようだ。
それではみなさん、よいお年を。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第15弾です。
「トロイの木馬(Trojan)」って?パソコンウイルス感染時に起きる症状と予防法
https://latte.la/column/53032560

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2014年12月27日 (土)

ブルースクリーンが表示された。

 天気がよく、冷え込んだ今朝、起きたばかりの部屋の温度は7度。
とりあえずファンヒータのスイッチを入れた。
10分ほど待って部屋の温度が11度になった辺りで、サーバーの電源を入れた。
特に問題なく起動している。

次にWindowsVistaが動くメインのデスクトップを起動した。
パソコンが起動するのを待つ短い時間に朝刊を広げ、一面をざっと眺める。
パソコンに目を戻すと、ブルースクリーンが表示されている。

まずい。
この忙しい年末にパソコンが壊れた!?
表示された英語の文字列を読んでみる。
何かドライバーが壊れており、Windowsの起動に失敗したと書かれているようだ。
原因究明に役立てるためだと思うが自動的にメモリダンプが行われているようだ。
これが終了したところでパソコンの電源ボタンを長押ししてシャットダウンした。
部屋の温度が13度に上がるまで待って、電源を再投入した。
しばらくすると不正なシャットダウンが行われたと表示され、真っ黒な画面にセーフモードか、前回正常起動した状態を選べとでたので、前回正常起動を選んだ。

しばらく、コンピュータは悩んでいた。
真っ黒い画面に白抜きのマウスのアイコンだけが表示されている。
見守っているとしばらくして、いつもの見慣れた画面が表示された。
そして画面の真ん中にグラフィックスドライバーが壊れていると表示された。
これが起動に失敗した原因らしい。
調べてみたが今は正常に戻っている。

寒さが主たる原因ならハードディスクにも問題が起きてるかも知れないと思い、クリスタルディスクインフォというソフトを起動してみた。
これはハードディスクの状態を細かく教えてくれるソフトだがハードディスクには問題が起きていないと教えてくれた。

パソコンが正常に動くのは10度から35度までということになっているので普段から気をつけていたのだが、これからは室温が13度になるまではパソコンの使用は控えたい。
使い始めてから5年を超えているのでこのようなブルースクリーンをみることは増えていくかも知れない。

朝から肝を冷やしたcoldsweats02

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2014年10月 9日 (木)

動きが怪しいパソコンのチューニング

 昨日からインターネットエクスプローラーで表示しているページのリンクが反応しにくくなっているような気がする。
リンクを何回もクリックしないとページが開かない。

考えられる原因はいくつもある。
そこで久しぶりにパソコンのチューニングをやってみることにした。
パソコンではWindowsVistaが動いている。
実にチューニングのしがいがあるOSである。

まず、スタートアッププログラムを調べてみた。
コントロールパネルを開くと「スタートアッププログラムの変更」というのがある。
これをクリックしてみたがWindowsDefenderが無効になっているので開けないと表示され、先に進めない。
調べてみると「スタートアッププログラムの変更」というのはWindowsDefenderの一機能であるようだ。

他のセキュリティ対策ソフトがパソコンにインストールされているとWindowsDefenderは自動的に無効になる。
セキュリティ対策ソフトを削除すると「スタートアッププログラムの変更」が使えるようになるらしいが大変手間がかかるのでやめにした。

代替策として以下の「システム構成ユーティリティ」を使うことにした。
検索欄にmsconfigと入力すれば実行できる。

Startup001

これを見ると私が知る限りよそ様のパソコンより、スタートアップに登録されているソフトはかなり少ないと思う。

このリストを上から順番に調べてみた。
その結果は以下のようになった。

「ehTray.exe」。 これはWindowsMediaCenterと関係があるようだ。
しかし、我が家ではWindowsMediaCenterを使っていない。

次は「PowerDVD」。 DVDの再生はたまにしかやらない。

その次はGoogleToolbarNotifier。 GoogleToolbarはインターネットエクスプローラーのアドオンだが無効にしている。

最後はWindowsDefenderに関連するソフト。
無効になっているのになぜこんな物が毎回起動されなければいけないのかわからない。

というわけで、この4つを起動しないことにした。

再起動してみると起動が終了するまでの時間が少し短くなったような気がする。
ただの自己満足かも知れない。
肝心のリンクのクリックしたときの応答が速くなったかについてはなんとも言えない。

本格的なチューニングには専用のフリーソフトを使っている。
この話は次回書く。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2014年9月24日 (水)

インターネットエクスプローラー9が使えない

 我が家ではいまだにWindowsVistaを主力マシンとして使用している。
しかも同業者の間では壊れやすくサポートがやりにくいという評判があるDELLのパソコンである。
しかし、購入してから6年ぐらいは経つはずなのに一度も故障らしい故障はしたことがない。
毎日機嫌良く起動し、ブルースクリーンも表示されたことはない。

だが最近、Vistaを使い続けることが困難になってきている。
一番、利用機会の多い、インターネットエクスプローラー9のサポートが終わり始めているのだ。
Googleはすでにこのブラウザをサポートしないと宣言している。
古すぎるというのだ。

検索サイトではメッセージは出ないがgmailやGoogleAdsense、GoogleAdwordsなどではインターネットエクスプローラー9はサポートしていないので、代わりにGoogleChromeを使えと言ってくる。

また、私は毎日、日経ビジネスオンラインとPCオンラインの記事を読んでいる。最近、この記事がインターネットエクスプローラー9では正常に表示されないことが増えだしたのである。
しばしば固まる。
インターネットエクスプローラー9では複数のタブを開いている状態でどれかのタブが固まってしまうと全体が応答しなくなってしまう。
応答しないタブを閉じようとすると結局、インターネットエクスプローラー9自体を終了することになってしまう。

同じ記事をChromeで開くと快適に読むことができる。
仕方がないので、お気に入りを引っ越ししてChromeをメインのブラウザにすることを考え始めている。

やっぱり、Win8.1をクリーンインストールするかな。
下調べはすましてある。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2014年3月10日 (月)

HDDの空き容量がない。

 パソコンの動きがおかしいので修理をしてほしいという依頼を受けた。
状況をわかる範囲で説明してもらったところ、デスクトップ右下のタスクトレイに「ディスクの空き容量が不足しています」というメッセージが出ているらしい。

ここまで電話で話を聞いて依頼人宅を訪問した。
パソコンの電源を入れるとWindowsVISTAが起動した。
幸いなことにデスクトップが表示されるまでそれほど時間はかからなかった。

スタート→コンピュータを開くとCドライブが赤くなっている。
空き容量はわずかに200KB程度だ。
これではまともに動くのは無理だろう。

とりあえず、試しにディスククリーンアップを起動してみた。
しばらく何かをしていたが、処理ができない旨を表示して停止した。
ディスククリーンアップはディスクの空き領域が少なすぎると動かない。
肝心なときには役に立たない。

そこで依頼人と相談しながらごみ箱を空にした。
次にインターネットエクスプローラーの履歴を削除した。
これで空き領域が600MB程度になった。
依頼人はこの作業をしたことがないと言った。

ここから何がCドライブのディスク容量を圧迫しているのか調べることにした。
ドキュメント、ピクチャー、ミュージックと調べていくとミュージックにたくさんの音楽ファイルが保存されていた。
音楽ファイルは9GBある。
依頼人は家族が使っていたファイルで今では利用されていないと言った。
この音楽ファイルは十分な空きスペースが残っているDドライブに移ってもらうことにした。
先でまた、ミュージックを利用しないとも限らないので、保存先の変更を実施した。
手順は以下の通りである。

まず、Dドライブに適当な名前のフォルダーをつくる。
今回はmusicにした。
次にスタートメニューからミュージックを選び、右クリックする。
場所タブを選び、「移動」ボタンをクリックする。
移動先の選択画面が開くので、あらかじめつくっておいたフォルダを選び、フォルダの選択ボタンをクリックする。
選んだら適用ボタンをクリックする。
画像ファイルの移動の前に警告が出ることがあるが「はい」をクリックする。
これでミュージックの中身がDドライブのフォルダー内に移動する。
次回からミュージックに保存された画像ファイルはすべて新しい場所に保存される。
これはWindowsVISTAでの手順である。

依頼人はデータの保存をUSBメモリーにすることにしたらしいのでこれからはしばらくはディスクの空き容量不足には見舞われないだろう。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2013年10月29日 (火)

迷惑ソフトを削除して再起動するとデスクトップが真っ暗になってパソコンが使えなくなった。

 依頼人のパソコンに保存されているデータをUSBメモリーにコピーして友人の所にもっていったらウイルスに感染しているといわれた。
どうしたらいいだろうという相談があった。
詳しく話を聞いてみた。

友人宅のパソコンはUSBメモリーに含まれているウイルスを検知したらしく被害は友人のパソコンには及ばなかった。

依頼人のパソコンのOSはWindowsVistaの無印である。
依頼人は考えて、マイクロソフトの無料で使えるセキュリティ対策ソフトをダウンロードし、パソコンをスキャンした。
セキュリティ対策ソフトは3つのウイルスを発見して削除した。
他にCドライブの空き領域がかなり少なくなっていてコンピュータを開くとCドライブが赤くなっている。
Dドライブにはそれなりに空き領域があり、また外付けのハードディスクもある。
ここまで話を聞いて依頼人宅を訪問するまでにセキュリティ対策ソフトでフルスキャンを実施するよう指示した。
依頼人はフルスキャンに半日をかけ、5つのウイルスを削除した。

パソコンに本来入っていたウイルス対策ソフトはしばらく前に更新期限が来ていたがそのままにしていたらしい。

ここのところ、他のパソコンでもよく見かけるように複数の迷惑ソフトが活動していた。
これらを一通り削除して、賞味期限が切れていたウイルス対策ソフトを削除して再起動したところで異常が発生した。
ようこそ画面をすぎたところで、画面が真っ暗なままになってしまった。
マウスカーソル以外、何も表示されない。
この症状はウイルスによってレジストリのデータが壊れたときにおきるものによく似ている。
セーフモードでは画面は正常に表示されている。
そこでシステムの復元を試してみた。
選べる復元ポイントはひとつしかなくその時点では正常に動いていたようなのでこれを選択してシステムの復元を実行した。
システムの復元は正常に終了したように見えたが通常モードでは相変わらず真っ暗である。
Cドライブに保存されていたデータはDドライブや外付けのHDDにバックアップされているので、リカバリーを実施しようと考えた。
リカバリー手続きを実行しようとする直前にリカバリーデータがどこに保存されているのか確認したくなったので、リカバリー手続きをキャンセルした。
パソコンは自動的に再起動される。
するとパソコンはなぜか正常に起動した。
デスクトップも正常に表示されている。
よくわからない。

気を取り直して作業を続けた。
システムの復元を実施したため、迷惑ソフトの削除をやり直し、
その他の不用と思われるソフトも削除した。
つぎにCドライブを圧迫しているデータをDドライブに移動する手続きを実行した。
この後何度か再起動してみたがパソコンは正常であった。
この画面が暗くなるトラブルからしばらく日にちがたったが再現していないようである。
ググってみたがこのような現象の報告は見かけない。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2013年8月27日 (火)

液晶画面にもやがかかる。

 液晶ディスプレイにもやがかかったみたいになっているので調べてほしいという依頼があった。

見るとWindowsのデスクトップ全体にもやがかかったみたいになっており、画面が変化するともやの色も変化している。

パソコンはWindows Vistaを搭載したNECのノートパソコンLavie LL550/Kである。
再起動してみるとNECのロゴが出ているときは正常である。
ようこそ画面でも正常に表示されている。
デスクトップが表示されると画面全体にもやがかかったみたいになる。
ということでこれは液晶ディスプレイ側の問題ではなく、ソフトの問題だろうということになった。
デバイスマネージャーを開いて、ディスプレイアダプタからRADEON X1200を右クリックしてドライバソフトウエアの更新を実行してみる。
パソコン内や、インターネットを検索していたが今あるものが最新だそうである。
次にドライバを削除してパソコンを再起動した。
画面にもやはかからなくなった。
しかし、画面のサイズが変わったので依頼人は変だという。
ドライバがVGAの標準ドライバになり、解像度が1024×768になった。
もとは1280×800だったから縦横共に比率が変わっている。
ということでもとのドライバーに戻した。
次に、インターネットからRADEON X1200に使えるというドライバーをダウンロードしてインストールしてみた。
相変わらず画面にもやがかかったままである。
パソコンを再起動してみると不正なドライバが使われているということでパソコンがドライバを元に戻してしまった。
最後にデスクトップから画面の設定を開き、色の設定を32ビットから16ビットに変更した。
もやは出なくなった。
依頼人は壁紙を眺め、次に動画をいくつか再生してとりあえずいいだろうということになった。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
携帯からはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2013年2月15日 (金)

パソコンのリカバリー

 パソコンのリカバリーを依頼された。
OSはWindowsVistaのSP2である。
ハードディスクが壊れたとか、ウインドウズが起動しなくなったとかではない。
パソコンにスパイウエアが感染した恐れがあるらしい。
ネットバンキングをやっているので情報が漏れないようにしたいということである。

リカバリーをお願いしますといってメーカーのサポートに出すと工場出荷状態になって戻ってくる。
これは確かに安心はできるだろう。
パソコンサポーターに依頼する場合は当然ながらいったん初期化された上で日常使っていた状態になって戻ってくることを期待している。
そこで依頼人とは細かい打ち合わせが必要になる。
デスクトップ上にはたくさんのアイコンがある。
しかし、依頼人の主張するところではアプリケーションソフトを買ってきてインストールしたことはないそうである。
デスクトップ上にあるのはパソコンに最初から添付されていたソフトと子どもたちがインターネットからダウンロードしたソフトだそうである。
確認をする。
「リカバリーをすると何もかも消えてしまいますよ。」
すると住所録は取っておいてほしい。
次にメールも保管したい。
最後に、itunesの音楽ファイルがなくならないようにしてほしい。

まず、筆ぐるめのバックアップ機能を使って住所録をUSBメモリーに保存する。
メールはエクスポート機能を使ってメッセージとアカウントを保存する。
よくあることだが今回も依頼人はメールのパスワードを記憶してなかった。
プロバイダから送ってくる書類にアドレスとパスワードが書かれていることも多いが今回はなかった。
プロバイダから送られてきた書類にはアドレスの作り方が書いてあるだけだった。
依頼人はパスワードを紙に記録しなかったらしい。
パスワードは紙に書かずに記憶しておくようにいわれることが多いが今のパソコンはパスワードを記憶してくれるので人間は忘れてしまう。
パソコンのログインパスワードと併せて、紙に記録しておくことを強く推奨する。
家に侵入者がなければ大抵の場合、充分である。

itunesのファイルであるがこれはミュージックのフォルダを丸ごとバックアップすればよい。

さてリカバリーである。
時間がかかるのでパソコンを持ち帰って私の事務所で実施する。
今回はHDDの故障ではないのでHDDのリカバリー領域のデータから行う。
具体的なやり方はパソコンによってそれぞれなので書かない。
リカバリーは20分ほどで終わった。
次は初期設定、これもすぐに終わる。
MS Officeをインストールする。
再起動する。

さて確認である。
OSはVistaのSP1になっている。
これにSP2のインストールディスクを適用する。
30分ほどで終わった。
セキュリテイ対策ソフトがないのでとりあえずマイクロソフトセキュリティエッセンシャルズをインストールする。
後はウインドウズの更新の適用だがこれは大量にあり、終わるのを待っているわけにはいかない。

ここまで行って依頼人の家に戻る。
まず、無線LANの設定。
ルータに書かれているSSIDとKeyをメモに取っておき、設定画面に入力する。
インターネットエクスプローラーを開き、接続されるのを確認する。
ここでヤフーのトップページを開き、次回からこのページが最初に開くようにしておく。
この設定を希望される人は大変多い。
次に無線LAN接続プリンタの設定であるが特に問題なく設定できた。
itunesをダウンロードしてインストールする。
バックアップしておいたミュージックフォルダを戻す。
次にメールの設定だがエクスポートされたデータをインポート機能を使って戻す。
特に問題ない。
最後に筆ぐるめの住所録だが、リカバリーしたパソコンには筆ぐるめは存在せず復元することはできなかった。
依頼人はパソコンを買ったときには筆ぐるめはあったといわれるが私にはどうしようもない。
パソコンに付属のアプリケーションディスクにも筆ぐるめは存在しない。
どうするかは依頼人が自分で考えるしかないだろう。

ここまで延々とリカバリーの話を書いてきたがこれを読まれればそれなりに料金がかかることはおわかりになっていただけるだろう。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
携帯からはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2013年1月13日 (日)

インターネットが真っ白で何も見えない

 インターネットを見たら真っ白なので調べてほしいという相談を電話で受けた。
メールもおかしいらしい。
真っ白という言葉に反応して、ウイルス対策ソフトは動いていますかと聞いたらしばらく前から動いていないといわれた。
このとき、ウイルスにやられたのだろうと考えた。
パソコンはWindowsVISTAらしい。
次にアクセサリーのシステムツールにあるInternet Explorer(アドオンなし)を開いてもらった。
やはり何も表示されていないということだった。
訪問して修復することを依頼された。
パソコンでインターネットエクスプローラー9が動いているのを見て、違和感を感じた。
ウイルスに感染してインターネットエクスプローラー9が動いていないのとは違う。
単にホームページが表示される場所に何も表示されていないだけである。
しかし、先入観に支配されている私はあらかじめマイクロソフトのダウンロードセンターから入手した最新の「悪意のあるソフトウエアの削除ツール」を実行した。
当然フルスキャンである。
これにはかなりの時間がかかる。
依頼人と話をしながらタスクマネージャーを開きプロセスを見る。一目で怪しいと思うようなものは見あたらない。
次にスタートアップで起動されるプログラム群をMsconfigでみる。これも特に怪しいものは見あたらない。
この仕事には時間の縛りがあった。
2時間以内に解決する必要がある。
そこでフルスキャンは中断してクイックスキャンを実行した。
ウイルスは見つからなかった。
この時点でインターネットエクスプローラー9自体の問題ではないかと考えていた。
インターネットオプションを開いて、詳細設定タブを表示する。
依頼人の許可をもらってリセット実行する。
これでインターネットエクスプローラー9の設定は初期化されたはずである。
しかし状況は変わらない。
MicroSoft FixItソリューションセンターを使ってみた。
実はインターネットエクスプローラー9は使えなくても別のブラウザは問題なく使える。
インターネットエクスプローラーの問題を解決するらしいFixItを実行してみた。
やはり状況は変わらない。
ここにいたってやむを得ず、インターネットエクスプローラー9を削除することにした。
Windowsではインターネットエクスプローラー9を削除するとインターネットエクスプローラー8に戻る。
インターネットエクスプローラー8は正常に動いている。
依頼人が試してみたホームページは正常に表示されている。
依頼人が利用しているメールソフトはWindowsMailである。
これもメールの内容を正常に表示するようになった。
依頼人にはこれで満足していただけた。
このトラブルの原因は想像はつくがここには書かない。
もう少しはっきりしたら追記という形で書くことにしよう。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
携帯からはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

BIOS関連 | EXCEL関連 | PC自作関連 | SF | SF小説世界の終わり方その1 | USBメモリー関連 | Windows Vista | Windows XP | Windows10 | Windows8 | Windows8.1 | Windowsを操作する。キーボード編 | お天気関連 | お知らせ | アニメ・コミック | インターネットにつながらない | インターネットエクスプローラーの便利な使い方 | インターネットエクスプローラー関連 | ウィルス・スパイウェア関連 | ウルトラQ | ウルトラセブン | ウルトラマン | ゲーマーだった頃 | コントロールパネル関連 | スポーツ | セキュリティ関連 | データ復元 | データ移行 | ニュース | ネットワーク関連 | パソコンサポート | パソコントラブル | パソコントラブル(ソフトウェア関連) | パソコントラブル(ハードウェア関連) | パソコントラブル(有線LAN) | パソコントラブル(無線LAN) | パソコン・インターネット | パソコン豆知識 | フリーソフト関連 | ペット | マイクロソフトエッジ | マイナンバー違憲訴訟 | メール関連 | モータースポーツ | レジストリ操作 | 初期セットアップ関連 | 印刷(プリンタ)関連 | 原発事故関連 | 四方山話 | 囲碁 | 基本操作・便利技 | 学問・資格 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東宝特撮映画 | 無線LANの設定 | 特撮 | | 省電力・節電関連 | 科学 | 経済・政治・国際 | 趣味 | 迷惑ソフト関連 | 音楽 | 食べ物の話 | Windows7

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Facebook

Feedly

  • follow us in feedly

amazon

  • 数千年前は今より食料の種類は多かった。
  • 一緒にいても会話をしない人たち

よろしくお願いします。

アフィリエイト