ご案内

  • ◎「一ノ谷博士の四方山話」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ人気ブログランキングへ

Twitter

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。
無料ブログはココログ

カテゴリー

Windows10

2017年7月15日 (土)

パソコンの設定を依頼された。

パソコンの設定を依頼された。
Windows7が動くデスクトップパソコンからWindows10が動くデスクトップパソコンへのアップデートである。

依頼人から受けたリクエストは、パソコン本体とキーボードの交換である。
ディスプレイやマウスなどは古いパソコンにつながっていたものをそのまま使う。

まず、パソコンデスクの上に置かれていたデスクトップパソコンにつながっているケーブルをはずした。
地震が起きたら落下するんじゃないかと思うが、福岡の人間はそんな心配はしないのだろう。

次に、新しいパソコンとディスプレイをつなごうと思ったが、ケーブルがDVI用で、新しいパソコンにはアナログRGB用の接続口しかなくて繋げない。
ちなみに古いパソコンはヒューレットパッカードで、ディスプレイは、Acerである。
新しいパソコンはLenovoだ。
私としてはメーカーはどこでも構わないが、接続できないと困る。
そこで依頼人に問題を説明して、ディスプレイに別のケーブルがついてなかったか探してもらった。
少しして依頼人はディスプレイに付属していたアナログRGB用のケーブルを見つけ出した。

この後、セットアップは順調に進んだ。
Windows10になってから初期設定は楽になった。
メールの設定もプリンタの設定も順調に進んだ。

時間が余ったので、Windows10が初めてだという依頼人に使い方の講習を行った。
何を講習したかというと、Microsoft Edgeではなく、インターネットエクスプローラーの起動の仕方とタスクバーにピン留めする方法、それに起動したときのページがヤフーになるようにする方法を簡単に教えた。

いつもこのように仕事が進むとありがたい。
帰りがけに炎天下を歩いて熱中症でダウンしかけたのは秘密である。

■一行豆知識
覚えておきたいショートカットキーの組み合わせ。その12
[Ctrl]キー+「C」キー コピー 

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第35弾です。
▼スタートページが勝手に変更、警告メッセージが消えない…ウイルス感染の症状と対策10
https://latte.la/column/96435134

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2017年7月13日 (木)

WindowsDefenderを使って、PCをフルスキャンしてみた。

いつも利用しているブラウザの動きが鈍いので、チューニングをしてみた。
といっても、そんな変わったことをしたわけではない。

やってみたのは、キャッシュの削除。
次に、試したのがブラウザの設定のリセット。
しかし、相変わらず動きは鈍いままだった。

そこでいったん、ブラウザを終了して、タスクマネージャを起動してみた。
ディスクの使用量が100%になっている。
Windowsタスクのホストプロセスがディスクにアクセスしているらしい。
これがなんだかわからない。
いや、ある程度分かるんだが調べるのが大変。

可能性は低いと思ったが、パソコンウイルスの感染が原因の場合もありうるので、パソコンをWindows10にアップグレードしてから初めてWindowsDefenderを使って、パソコンをフルスキャンしてみた。

始めたのが朝、6時半ごろで、終わったのが午後になってからだった。
その結果、WindowsDefenderはHackTool:Win32/CmosPwd.Aという名前の脅威が見つかりましたと報告してきた。
とりあえず、削除するようにWindowsDefenderに指示した。

20170712_6
全く予想外の結果だった。
調べてみた。
ダウンロードフォルダーにCmosPwd.zipという名前のファイルが見つかった。
HackToolというのは、他のパソコンをハックするために利用されるものらしく、ウイルスとは違い感染しない。
ユーザーがダウンロードする必要がある。

CmosPwd.zipはパソコンのOSがWindows8.1だったころにダウンロードされたもので、その時には脅威として、検出されなかったらしい。
記憶をたどってみた。
このファイルは、当時私が関心を持っていた問題を解決するために利用しようとしてダウンロードしたフリーソフトだが、一度も使用したことはなく、現在のブラウザの不調とは関係ないということだ。

その後、ブラウザは普通に動くようになった。
結局、設定のリセットが効果的だったらしい。

私はパソコンサポートの依頼人に、時々は、フルスキャンを実施するようにいっているくせに、自分では2年余り実施しなかったことを反省している。

■一行豆知識
覚えておきたいショートカットキーの組み合わせ。その11
[Ctrl]キー+「P」キー 現在のページを印刷する。 

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第35弾です。
▼スタートページが勝手に変更、警告メッセージが消えない…ウイルス感染の症状と対策10
https://latte.la/column/96435134

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2017年6月14日 (水)

6月14日(水)はWindowsの定例更新日

6月14日(水)はWindowsの定例更新日なので、パソコンを起動して、最初に更新をチェックした。
WindowsUpdateの画面がいつもと違うのにすぐ気がついた。

赤い文字で、「お使いのデバイスは最新の状態ではなく、重要なセキュリティ更新プログラムおよび品質更新プログラムが適用されていないため、危険にさらされています。Windowsを安全に実行できるよう、正常な状態に戻しましょう。処理を開始するには、このボタンを選択してください:」と書かれていた。

20170614
少々驚いた。
昨日もWindowsUpdateの画面は見たのだがこのような文字列はなかった。
これは、やはり最近のサイバー攻撃などの影響だろうか。

ついでだから、我が家のパソコン(Windows10 Creaters Update)に実施された更新の様子を載せておこう。

画像01Kousin001
画像02Kousin002画像03

Kousin003今回の更新はだいたい20分で終わった。
この画像を見てもよくわからないでしょうが、重要な更新がいくつも含まれていますので、忘れずに更新を行いましょう。

■一行豆知識
覚えておきたいショートカットキーの組み合わせ。その7

[Windows]+[D]キー アプリを最大化しているときに、デスクトップを使いたくなったらこれを使う。元に戻すときは同じショートカットを使う。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

■コラムの第34弾です。
▼パソコンデータを完全消去!ハードディスクのデータを完全削除する方法
https://latte.la/column/94898887

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2017年6月11日 (日)

「Microsoft Compatibility Telemetry」とは。

毎朝のルーチンワークとして、Windows10を起動して、サインインする。
その後、ブラウザを起動する。
メールを確認するためだ。

ところが長い時間ではないがブラウザが応答していないという表示が出て待たされる。
パソコンを見るとディスクのアクセスランプが赤く点灯している。

スタートアップ時に起動されることになっているプログラムが動き出そうとしているのだろうと思って待っていたのだがどうも気に入らない。
そこで今日は、朝、一番にブラウザを起動する代わりに、タスクマネージャーを起動して、次々に起動するプロセスを観察してみた。

その中に、想定していないものがあった。
「Microsoft Compatibility Telemetry」という名前のプロセスである。

20170611_5_2

Telemetry(テレメトリ)というのは、確か気象情報の収集に使われるアメダスなどで聞いたことがあるような気がする。

調べてみた。
『WindowsではOS機能性の向上や改善を目的に、テレメトリ(遠隔情報収集)や自動データー収集など行いマイクロソフト社のサーバーに送信する機能があります。』

なるほど、了解した。
自分は、マイクロソフトの情報収集にはパソコントラブル解決のために協力する立場なので、特に異議はない。

しかし、このような状況に不安を感じる人はいると思う。
そんな人はとりあえず、以下のように設定しよう。

「設定」→「プライバシー」→「フィードバックと診断」とたどる。
「フィードバックを求められる頻度」を「しない」に設定する。
「Microsoftに送信するデータの量を選択」、「基本」に設定する。

20170611_6

この設定で、データが送信されることを完全に防げるかどうかはわからないが、Windows10 Homeではこれ以上の設定はできないようだ。

■一行豆知識
覚えておきたいショートカットキーの組み合わせ。その6

[Shift]+[F10]キー コンテキストメニュー(マウスを右クリックして開くメニュー)を開く。*反応してくれないアプリもある。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

■コラムの第34弾です。
▼パソコンデータを完全消去!ハードディスクのデータを完全削除する方法
https://latte.la/column/94898887

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2017年5月16日 (火)

セーフモードで起動する方法を教えてほしいという相談があった。

いつもサポートの依頼を頂いている方から、Windows10をセーフモードで起動したいのだがどうすればできるかという相談の電話をもらった。

この方は、前回、サポートで伺った時に私がセーフモードでWindows10を立ち上げるのを見ている。
今回、またパソコンが不調になったということで自力での解決に挑戦してみたいといわれた。

パソコンが起動できない場合、Windows10では、Windows7のように、PC起動時にF8キーを連打してセーフモードを起動するという技が使えません。
今回相談を受けた方は、ようこそ画面にもたどり着けないということでしたので、いきなり最後の手段に頼ることになりました。

何が最後の手段かというと、電源ボタンを長押しして、強制終了を繰り返すのです。
この方法では外部記憶装置(ハードディスク)に、障害が起きる可能性があるのであまりやりたくありません。
Windows10では、PCを起動して、Windowsのロゴが表示されたところで、電源ボタンを長押しして強制終了します。
これを3回繰り返すと、「自動修復を準備しています」と表示されるので、画面が切り替わるのを待ち、「自動修復」が表示されたら修復オプションを選択します。

ここまで出来たらあとは自分でできるということですのでお任せすることにしました。
このあと、電話がないので自力で解決できたのでしょう。
前回の私の作業を見ていたとはいえ大したものです。

さて、Windows7でのF8キーを押して、表示されるのは、「ブートオプション」ですが、これは、Windows10でも表示できます。
これには、コマンドプロンプトを管理者モードで起動します。

「ブートオプション」を有効にしたい場合。
bcdedit/set {default} bootmenupolicy legacy

「ブートオプション」を無効にしたい場合(デフォルト)。
bcdedit/set {default} bootmenupolicy standard

「現在の設定を確認する場合」(standard:無効 legacy:有効)
bcdedit | findstr"bootmenupolicy"

有効にするとF8キーを連打することによって「セーフモード」での起動が可能になります。

これが役にたつと思われる方は試してみるといいかもしれません。
私の推薦は、修復ディスクの作成です。
パソコンにトラブルが起きる前に修復ディスクを作っておくことをお勧めします。

今回からここに一行豆知識を書くことにしました。
覚えておきたいショートカットキーの組み合わせ。その1

[Windows]+[E]キー エクスプローラーを開く。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

■コラムの第33弾です。
ノートパソコンのバッテリー寿命を短くするNGな使い方
https://latte.la/column/93873875

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2017年4月14日 (金)

夜中にやってくる怪しいメール。

朝、パソコンを起動してから夜中に届いている怪しいメールの添付ファイルをウイルスバスターfor@niftyMailを使ってチェックしてみるとウイルスは見つかりませんでしたという表示が出た。

しかし、添付ファイルは開かずに昼過ぎまで放置した。
昼過ぎに再び、ウイルスバスターfor@niftyMailを使ってチェックしてみると今度はウイルスが見つかりましたと表示された。

これは、ウイルス対策ソフトの定義ファイルの更新が間に合っていないことを意味していると思う。

ウイルスは、発見されてからウイルスソフトの定義ファイルが対応するまでに、約20時間かかるらしい。
また、最近のパソコンウイルスは、元のウイルスの一部だけを改変した亜種といわれるものが大部分を占めているようだ。
このため、攻撃する方が防御する側より優勢という状況が普通になっているようだ。

私のパソコンでは市販のウイルス対策ソフトをインストールせずに、Windows10付属のWindows Defenderを使っている。

Windowsdefender001
今回のCreators Updateでは、Windows Defenderも更新された。
追加された機能に、「Block at First Sight」がある。

 「Block at First Sight」というのは、世界中のWindows10でWindows Defenderが実行されているパソコンからウイルスの亜種を検知するシステムだそうだ。
最初の運の悪いユーザーが亜種に感染したと分かったら、マイクロソフトにデータをアップロードして、ウイルスかどうかの判別を行う。
 2人目以降のユーザーが亜種に感染する可能性のあるリンクをクリックした場合に、警告を出してパソコン上で亜種が実行されないようにする。
このような仕組みで、ウイルスソフトの定義ファイルが出てくる前に、ウイルスをブロックするらしい。

Windowsdefender002
なかなかよさそうな機能だが、自分が最初の感染者になる可能性もあるので、メールの添付ファイルを疑う性格は変えないことにしよう。happy01

私は、高性能を標榜するどんなウイルス対策ソフトを使っていても、不審に思ったら「開かない」「クリックしない」「相手に確かめる」を日頃から実行するようにしている。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第32弾です。
無線LANと有線LANの違いを説明!ネット接続はどちらがいい?比較してみる
https://latte.la/column/91166669

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2017年4月 6日 (木)

Windows10 Creators Updateを手動で実行した。

Windows10 Crreators Updateを4月12日まで待てない私は、朝から手動でアップデートを実行した。
私の環境では完了するまで約2時間かかった。

手動でのアップデートは上級者向きだというマイクロソフトの注意書きがあったが、別に問題になるようなところはなかった。

Creators001

20170406_2

いろいろと機能追加や変更されたところがあるようなので、今日はチェックをしてみたい。

ちなみに、手動でのアップデートは、設定→更新とセキュリティ→Windows Updateから実行できる。

追記。
今度のEdgeでは、フラッシュプレイヤーが無効になっているので、とりあえず有効にしたhappy01

Flashkinshi001_3

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第32弾です。
無線LANと有線LANの違いを説明!ネット接続はどちらがいい?比較してみる
https://latte.la/column/91166669

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2017年1月15日 (日)

プリンタがつかえずに仕事に差し支えが出て困っている。

プリンタが使えない。
ご自分でいろいろやってみたがどうしようもなくて、私に助けを求めることにしたそうです。

パソコンでは、Windows10が動いています。
実はこのプリンタを設定したのは私です。
たぶん、1年以上前だと思います。

依頼人と一緒に印刷を実行してみると、「電源が入っていない、またはケーブルがつながっていない可能性があります」というエラーが出ています。
つながっているのはUSB001だというのですが、私は無線LANでプリンタを設定したはずです。

依頼人に聞いてみると印刷できなくなったので、USBケーブルをつないでみたそうです。
そこで、プリンタのプロパティのポートタブを開いて、ポートの設定を無線LANに変更しました。
また、「プリンタをオフラインで使う」にチェックが入っていたので、これを消しました。

この結果、無事に印刷できるようになりました。
しかし、なぜ正常に印刷できていたプリンタが動かなくなったのか原因はわかりません。
ということで様子を見てもらうということにしました。

他に聞きたいことはないかというと次から次に質問が出ました。
スマホに保存されている写真をパソコンに移す方法。
受信したメールを転送する方法。
エクセルのデータ入力を省力化する方法などを説明しました。

いずれもそんなに難しい話ではないのですが大変喜んでもらえました。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第29弾です。
パソコンサポートのプロおすすめ!
USBメモリに入れておきたい、PCトラブル解決ソフト5つ
https://latte.la/column/86392792

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2016年12月15日 (木)

インターネットにつながらない。

昨日の夕方、インターネットにつながらなくなったので見に来てほしいという電話を受けました。
メールも使えないし、ヤフーも見られないそうです。、

依頼人のパソコンでは、Windows10 AnniversaryUpdateが動いているので、12月上旬からあちこちで発生しているらしいトラブルと同じ現象ではないかと思いました。
ちなみに我が家でこのブログを書いているパソコンも、Windows10 AnniversaryUpdateが動いているのですがインターネットに接続できなくなるといったようなトラブルには巡り合っていません。

依頼人は、パソコンに何が起きたのか私の目の前で再現してくれました。
メールソフトはサーバーに接続できない旨エラー表示をしています。
インターネットエクスプローラーもこのページは表示できないといっています。
早速、コマンドプロンプトから「ipconfig /all」を実行してみました。
IPv4アドレスが 169.254.XXX.XXX になっています。
これは一般にDHCPサーバーからIPアドレスを割り当てられなかったときに、Windowsが自分で割り当てるIPアドレスで、インターネットへの接続には利用できません。

依頼人のパソコンが置かれている机の下にルーター類がありますので、もぐりこんで結線やランプの点灯を調べてみましたがこれといっておかしなところはありません。

ここまで確認したうえで、一番シンプルな解決方法の一つを試してみました。

スタートボタンをクリックして、電源アイコンをクリック。
表示されたメニューから再起動を実行しました。

依頼人は気がついていませんでしたが、タスクバーの右側にあるネットワークアイコンに黄色い!マークが表示されていました。
これが再起動後には消えていましたのでトラブルは解決できたと考えましたが、依頼人自身に正常な状態に戻ったことを確認してもらいました。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第28弾です。
全国のフリーwifiスポット一覧と接続方法。
スタバやマック、各コンビニは無料でネット接続できるぞ!
https://latte.la/column/84489309

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ 

2016年12月10日 (土)

リンク先のページを見ようとしたら警告が表示された。

Windows10で利用できるブラウザのMicroSoft Edgeを使って、毎日閲覧しているサイトを眺めていた。
いつもと同じような調子で、見ているページに張られているリンクをクリックしたら、MicroSoft Edgeが警告を表示した。

セキュリティ証明書に問題があると書かれている。
私は素直な性格なので、リンク先のページを閲覧することをあきらめた。

表示された警告は以下の通りである。

Securityshoumeisho01

私が見ようとしたページのセキュリティ証明書は不正なものらしいが、いつも見ているサイトが誰かに乗っ取られたのだろうか、それとも、細工がされているページにそれと知らずにリンクを張ったのだろうか?

よくわからないが、私は、市販のセキュリティ対策ソフトを使用していないので、Windows10が警告を発してくれるのはとてもありがたい。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第28弾です。
全国のフリーwifiスポット一覧と接続方法。
スタバやマック、各コンビニは無料でネット接続できるぞ!
https://latte.la/column/84489309

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

BIOS関連 | EXCEL関連 | PC自作関連 | SF | SF小説世界の終わり方その1 | USBメモリー関連 | Webサービス | Windows Vista | Windows XP | Windows10 | Windows8 | Windows8.1 | Windowsを操作する。キーボード編 | お天気関連 | お知らせ | アニメ・コミック | インターネットにつながらない | インターネットエクスプローラーの便利な使い方 | インターネットエクスプローラー関連 | ウィルス・スパイウェア関連 | ウルトラQ | ウルトラセブン | ウルトラマン | ゲーマーだった頃 | コントロールパネル関連 | スポーツ | セキュリティ関連 | データ復元 | データ移行 | ニュース | ネットワーク関連 | パソコンサポート | パソコントラブル | パソコントラブル(ソフトウェア関連) | パソコントラブル(ハードウェア関連) | パソコントラブル(有線LAN) | パソコントラブル(無線LAN) | パソコン・インターネット | パソコン豆知識 | フリーソフト関連 | ペット | マイクロソフトエッジ | マイナンバー違憲訴訟 | メール関連 | モータースポーツ | レジストリ操作 | 初期セットアップ関連 | 印刷(プリンタ)関連 | 原発事故関連 | 四方山話 | 囲碁 | 基本操作・便利技 | 学問・資格 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東宝特撮映画 | 無線LANの設定 | 特撮 | | 省電力・節電関連 | 科学 | 経済・政治・国際 | 趣味 | 迷惑ソフト関連 | 音楽 | 食べ物の話 | Windows7

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Facebook

Feedly

  • follow us in feedly

amazon

  • ハードディスクデータの完全削除に使えるソフト
  • 顔を突き合わせた会話を人が喪失してしまう危険性

よろしくお願いします。

アフィリエイト