ご案内

  • ◎「一ノ谷博士の四方山話」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ人気ブログランキングへ

Twitter

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。
無料ブログはココログ

カテゴリー

パソコントラブル(ソフトウェア関連)

2018年6月 9日 (土)

パソコンの音声がおかしい。

昨晩はビールを飲みながらYouTubeで音楽を聴いた。
YouTubeは、グーグルクロームで開き、他のサイトは、マイクロソフトエッジで閲覧していた。

何の問題もないはずだったのだが、何故か、クラシック曲は、きれいに聞こえているのに、ボーカルのある曲では歌手の声がくぐもって聞こえるようになっているのに気がついた。
先ほどまでは、コニー・フランシスが歌う「ボーイハント」がきれいに聞こえていた。

何が起きているのかと思い、トラブルシューティングを開始した。
タスクバー右端の通知領域にあるスピーカーのアイコンを右クリックして表示された「サウンドの問題のトラブルシューティング」を試してみた。

しかし、残念なことにここで自分自身にもトラブルが起きていることに気がついた。
つまり、ビールを飲みすぎたということだannoy

画面に表示されているトラブルシューティングの選択肢を選ぶことはあきらめて、パソコンをシャットダウンした。

今朝になってパソコンを起動して、メールの処理などをしていたのだが、サウンドの問題などはすっかり忘れていた。
@niftyのココログ広場に入って、キラ・ポチのお返しをしようとして、音がしないのに気がつき、昨晩のことを思い出した。

さて、トラブルシューティングである。
まず、Win+Rキーで、「ファイル名を指定して実行」を開く。
そこに「devmgmt.msc」と打ち込む。

参考記事:パソコントラブルの解決に役立つかもしれないメンテ用ソフトの呼び出し方

Devmgmt001
これでデバイスマネージャーが開く。
サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラーを開いて、そこにあるデバイスをアンインストールする。
パソコンを再起動する。

今回はこれで音声は正常に戻ったのだが、トラブルの原因がなんだったのかは、さっぱりわからない。

デバイスを削除して再起動は標準的なトラブルシューティングだと思うが、傷を深くする場合もあるので、酔っぱらっているときはやらないほうがいい(笑)

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
タスクマネージャーに、若葉マークが?

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2018年3月 1日 (木)

ユーザーアカウントを削除したらログインできなくなった

先日、セーフモードから脱出できないといってパソコンを持ってきた友人が今日また、パソコンを持ってきた。

アカウントを削除したらログインできなくなったと言われた。
友人はパソコンを他の人に譲ろうと考えたらしい。
しかし、ユーザーを一人しか登録していないアカウントを削除してしまうのは、かなりまずいように思う。
友人のパソコンでは、ログイン時に、削除したはずのユーザー名が表示されるが、パスワードを入力しても無効だと言われている。
まぁ、そうだろう、削除したのだから。

有効なアカウントがなければ、当然「Administrator」を使おうとするのが当たり前だが、そのパスワードが分からない。
いくつか、試してみたが、すべて無効と言われた。

取りあえず、セーフモードの起動を試みた。
しかし、ここでもパスワードの入力を求められ先に進めない。

ここで何とかして、コマンドプロンプトが使えるようにすることを目指して先に進むことにした。
コマンドプロンプトが使えれば、「net user」コマンドが使えると考えたからだ。

参考記事:Windowsの「net user」コマンドでユーザーアカウントをコマンドラインから管理する

パソコンでは、WindowsXPのSP3が動いている。
そこでXPのインストールディスクの修復機能を使おうと考えた。
しかし、ここで、ハードディスクが認識できないというメッセージが表示され、修復機能が使えない。
インストールディスクに新しいタイプのデバイスドライバが入っていないのだ。

ここで、インターネットで見つけたデバイスドライバをUSBメモリに入れてパソコンにつないだ。
XPのインストールディスクは、起動途中に追加したいソフトがあれば、F6キーを押せと表示する。
F6キーを押すとフロッピーディスクがないと表示された。
まいった。
私のところには、USB接続のフロッピードライブはない。

ここで、バイオスの設定の変更を思いついた。
「AHCI」から「Compatibility mode」に変更した。
これで、修復機能は使えるようになったが、「Administrator」のパスワードの入力を求められた。
ここでまた、いくつか適当なパスワードを入力して見たら、その中の一つが当たった。
しかし、修復機能の環境下では、「net user」コマンドはうまく動作しなかった。

しかし、「Administrator」の正しいパスワードが分かった。
再起動して、Administratorでログインすることができた。

入力したパスワードは、この記事の最初の方で試みたパスワードと同じものなのだから納得できない。

しかし、パソコンは使えるようになった。
友人にここで、パソコンを返すことにした。
元あったアカウントを削除した時点で、ファイルも消えているので、以前のように使えるようにするのは大変だろう。
何しろ、何年も前にサポートが終わっている。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
リカバリして古いWindowsに戻ったPCをWindows10に再アップグレードするには

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2018年2月24日 (土)

セーフモードが解除できない。

友人が、パソコンがセーフモードから通常モードに戻らなくなったといって、我が家に持ってきた。
XPが動くIBM製のノートパソコンである。

友人は、動作が鈍いので、ソフトを削除していたらおかしくなったという。
私は、Windowsが起動するのに必要なソフトを削除してしまったのなら、暇を出したらどうかと言ってみた。

取りあえず、「ファイル名を指定して実行」から、「msconfig」を実行して、「システム構成」を開いた。

20180224_2

全般タブの「スタートオプションを選択」に●がついていたのを「通常スタートアップ」に変えた。
再起動してXPは正常に戻った。

しかし、パソコンは動きが鈍い。
XPのSP3搭載で、メモリーが500MBしかなければ動きが鈍いのもやむを得ないが、いくらかでも速くするために条件を付けて、セキュリティ対策ソフトを削除した。

次に、「システム構成」を使って、パソコンの起動時にスタートするソフトを大幅に減らした。
友人はこのパソコンではソフトを一種類しか使わないというのでとりあえずこれでいいだろう。

最後に起動するたびにパスワードを入力するのは面倒だと言われたので、「control userpasswords2」を利用して、毎回パスワードを入力しないで済むようにした。

久しぶりだったので、上記のコマンドを思い出すのに苦労した(^-^;

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
コマンドラインの実行結果をクリップボードに保存する。

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2018年2月19日 (月)

WindowsのUpdateが終わるのを待てずに電源を切った。

WindowsのUpdate中に、急いで見たいファイルがあったので、電源を切ったら起動しなくなったという電話がかかってきた。
訪問して見せてもらうと、CRITICAL_PROCESS_DIED ブルースクリーンエラーが出ている。
重症である。

パソコンは、NECのノートパソコンで、Windows8.1からWindows10にアップグレードされたものらしい。
依頼人には、簡単には修復できないと思うので、預かることにしますといいつつ、取りあえず、修復オプションからコマンドプロンプトを開き、メモ帳を起動した。
メモ帳のメニューから「ファイル」→「開く」とたどって、依頼人が保存したであろうファイルを見せながら、どれをバックアップしたいか聞いてみた。
依頼人が指定したファイルをコピーして、USBメモリーにペーストする。

依頼人は大層驚いていたが、このやり方では大きなファイルをバックアップするのは難しいし、また数をこなすことも難しい。
しかし、ありがたいことにいくつかバックアップしたら他のファイルはいらないと言われた。

預かったパソコンを起動して、修復オプションを一通り試してみた。
①システムの復元は、復元ポイントがないと表示されて、実行できない。
②PCを初期状態に戻す。個人用ファイルを保存するを選択して実行するとエラーが表示される。
③依頼人はバックアップディスクをつくっていたので、利用してみたが、認識されない。
④windowsUpdateの修正を試みたが、WindowsPE上では「dism /online /cleanup-image /restorehealth」のDISMコマンドはうまく使えなかった。
⑤同じく、sfc /scannow も役に立たなかった。
⑥マイクロソフトからwindowsUpdateのトラブルシューティングソフトをダウンロードして実行してみるも、動かない。
これ以外にもいろいろ試してみた。

この様に、修復は困難を極めた。

最終的には、初期化して、購入時の状況に戻したのだが、これから改めて、Windows10へのアップグレードをしなければならない。

関連記事:リカバリして古いWindowsに戻ったPCをWindows10に再アップグレードするには

私は、画面に電源を切るなと表示されているときは、ひたすら状況が変化するまで待ちたいと改めて思った。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
コマンドラインの実行結果をクリップボードに保存する。

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2018年1月 9日 (火)

WindowsUpdate後、再起動できない。その2

WindowsUpdate後、再起動できない。その1」の記事を書いてから、2時間経過した後、再起動はあきらめて、シャットダウンした。

すると「更新を実行中」という表示が出て、30%に到達したところで、電源が落ちた。
この時は夜中だったので、次にパソコンを起動したのは翌朝である。
引き続き、更新が進んだようで、しばらく待った後、正常に起動した。

Windows10 バージョン1709に(KB4056892)が正常に適用されると、OS ビルドが16299.192になるということなので、「winver」を使って確認した。

20180109_2


どうやら修正ソフトは正常に適用されたようだ。
こうしてよくわからないが、再起動できないトラブルは解消した。

この修正ソフトを適用するとパソコンが重くなるという話も聞いていたのだが、今のところそのような気はしない。

CPUの脆弱性を修正するソフトは、1月10日の定期更新でも、改めて公開されるかもしれないので、注視したい。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

パソコンを便利に使う(Windows編)
コマンドプロンプトで使えるファイル・フォルダ名の入力と補完機能

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2017年8月23日 (水)

パソコンに関する質問の電話をいただいた。

一件は、ドキュメントに保存していたはずのデータが消えてしまったのだが、どこにあるか電話で指示してほしいという依頼だった。

私の頭には、?がいっぱいであったが、取りあえず状況を探ってみた。
依頼人は、ネットを参考にして、覚えているファイル名を検索してみた。
その結果、ファイルは見つかったがクリックすると「ファイルはリンク先から移動しているか削除されているのではないか」というメッセージがでたらしい。

私が、ゴミ箱の中は探したかと質問すると、数日前に、ゴミ箱を空にしたという返答があった。

削除する際には、中身を何も確認しなかったといった。
依頼人はもしかしたらドキュメントを削除したかもしれないというので、フリーの復元ソフトを使えば確認できるかもしれないとアドバイスした。

すると依頼人はすでに試してみたといった。
確かに削除したソフトは見つかったが、復元しようとするとお金を払えというメッセージが出て復元できなかったらしい。
そこで、私が使用している「ファイナルデータ11+」を「幸運を祈る」という言葉を添えて、紹介し、電話を切った。

この電話を受けているうちにもう一件、相談の電話が入っていた。
今年の2月ごろに、「ブロードバンド接続(PPPoE)のアイコンにレ点がついてる」というネットワークのトラブルでサポートに伺った方である。

またつながらなくなったらしい。
前回試したことを電話で依頼人に試させたが解決しない。
今回は、レ点の問題でもなかった。

ネットワークと共有センターから、アダプタの設定の変更を開く。
依頼人宅のパソコンはノートだが有線接続であるからイーサネットを右クリックして、状態を開く。
次に、詳細を開いた。
すると、IPアドレスは192.168.1.16になっていた。
DHCPサーバーとDNSサーバーは192.168.1.1になっている。

依頼人宅では、部屋のネットワークコンセントにLANケーブルを挿すだけで、インターネットに接続できるはずなので、とりあえず、マンションのルータまでは接続できているのだろう。

そこで、マンションの管理人に相談するように勧めてみて、問題がないと言われたら再度私に連絡するように言って電話を切った。

■一行豆知識
覚えておきたいショートカットキーの組み合わせ。その17
PageUp  1画面上へ移動する 

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第36弾です。

●文字コード「UTF-8」の基礎知識!サイト・ホームページの文字化けを防止
https://latte.la/column/98251259

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2017年8月 7日 (月)

迷惑ソフト「Simple Driver Updater」の削除を依頼された。

最近、パソコンを起動するたびによく知らないソフトが立ち上がって、困っているので起動しないようにしてもらえないかという依頼を受けた。
予備知識なしで引き受けたので、取りあえず、「マイクロソフトセーフティスキャナー」と「adwcleaner」の最新版をUSBメモリーにダウンロードして出かけた。

依頼人宅で、パソコン起動して見たのが、「Simple Driver Updater」というやつだった。
何をやりたいのか最後まできちんと見なかったのでよくはわからないが、デバイスドライバーの更新を勧めるらしい。
依頼は怪しいソフトが起動しないようにすることだったが、有無を言わせず、削除に取り掛かった。

まず、常駐しているであろう「Simple Driver Updater」をタスクバーの右側にある通知領域から停止させた。
次に、デスクトップ上の「Simple Driver Updater」が検査を停止するのを待って表示された画面(英語で表示されている)からオプションを選んで、「パソコン起動時にスタートする」のチェックをはずした。

パソコンを再起動して見たが、残念ながらこれでは解決しなかった。
通知領域には、「Simple Driver Updater」が起動していた。

パソコンをセーフモードで起動することにした。
「ファイル名を指定して実行」に「msconfig」と入力し、「システム構成」を起動する。
全般タブから、スタートアップオプションの選択を選び、「システムサービスを読み込む」と「スタートアップの項目を読み込む」にチェックを付ける。
次にタスクマネージャーを開いて、「Simple Driver Updater」に関係のありそうな項目のチェックをはずした。

パソコンを再起動した。
「Simple Driver Updater」は起動していないようだ。
次にコントロールパネルを開いて、関係のありそうなソフトを全て削除した。

この後、依頼人宅にいた1時間ほどの間は、「Simple Driver Updater」は起動しなかった。

依頼人と今回の問題について話をした。
インターネットから便利そうなソフトをダウンロードしてインストールしたといわれた。
その時に、「Simple Driver Updater」もいっしょにインストールされたようだ。
依頼人は、表示された画面で「Yes」か「No」か選択するように出たら、取りあえず「Yes」を選択するようにしていると言った。
迷惑ソフトの制作者がとても喜ぶようなタイプのパソコンユーザーだ。

私としては、仕方がないので、取りあえずどうしていいか判断がつかない場合は、ノーを選ぶように言ってみた。
たぶん歯止めにはならないだろう。

この手の「点検商法ソフト」と呼ばれる迷惑ソフトは、なかなかなくならないだろう。
どういう対策が考えられるのだろうか、悩んでいる。

■一行豆知識
覚えておきたいショートカットキーの組み合わせ。その15
Shift + Del キー  選択したファイルをゴミ箱に移動せず、完全に削除する 

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第36弾です。

●文字コード「UTF-8」の基礎知識!サイト・ホームページの文字化けを防止
https://latte.la/column/98251259

パソコンに関する疑問などありましたらにコメントでお知らせください。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2017年5月16日 (火)

セーフモードで起動する方法を教えてほしいという相談があった。

いつもサポートの依頼を頂いている方から、Windows10をセーフモードで起動したいのだがどうすればできるかという相談の電話をもらった。

この方は、前回、サポートで伺った時に私がセーフモードでWindows10を立ち上げるのを見ている。
今回、またパソコンが不調になったということで自力での解決に挑戦してみたいといわれた。

パソコンが起動できない場合、Windows10では、Windows7のように、PC起動時にF8キーを連打してセーフモードを起動するという技が使えません。
今回相談を受けた方は、ようこそ画面にもたどり着けないということでしたので、いきなり最後の手段に頼ることになりました。

何が最後の手段かというと、電源ボタンを長押しして、強制終了を繰り返すのです。
この方法では外部記憶装置(ハードディスク)に、障害が起きる可能性があるのであまりやりたくありません。
Windows10では、PCを起動して、Windowsのロゴが表示されたところで、電源ボタンを長押しして強制終了します。
これを3回繰り返すと、「自動修復を準備しています」と表示されるので、画面が切り替わるのを待ち、「自動修復」が表示されたら修復オプションを選択します。

ここまで出来たらあとは自分でできるということですのでお任せすることにしました。
このあと、電話がないので自力で解決できたのでしょう。
前回の私の作業を見ていたとはいえ大したものです。

さて、Windows7でのF8キーを押して、表示されるのは、「ブートオプション」ですが、これは、Windows10でも表示できます。
これには、コマンドプロンプトを管理者モードで起動します。

「ブートオプション」を有効にしたい場合。
bcdedit/set {default} bootmenupolicy legacy

「ブートオプション」を無効にしたい場合(デフォルト)。
bcdedit/set {default} bootmenupolicy standard

「現在の設定を確認する場合」(standard:無効 legacy:有効)
bcdedit | findstr"bootmenupolicy"

有効にするとF8キーを連打することによって「セーフモード」での起動が可能になります。

これが役にたつと思われる方は試してみるといいかもしれません。
私の推薦は、修復ディスクの作成です。
パソコンにトラブルが起きる前に修復ディスクを作っておくことをお勧めします。

今回からここに一行豆知識を書くことにしました。
覚えておきたいショートカットキーの組み合わせ。その1

[Windows]+[E]キー エクスプローラーを開く。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

■コラムの第33弾です。
ノートパソコンのバッテリー寿命を短くするNGな使い方
https://latte.la/column/93873875

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2017年1月11日 (水)

アクセス権がないといわれてファイルの保存ができない。

いつもサポートの依頼を頂いている方から、新しく作ったファイルを保存しようとしたら、フォルダにアクセスする権限がないというメッセージが出て困っているという電話をいただきました。

訪問して画面を見ると「この場所に保存するアクセス権がありません。管理者に連絡してアクセス許可を取得してください。」というメッセージが出ています。
この現象は、「保存しようとしているフォルダのプロパティ」-「セキュリティ」タブの「グループ名またはユーザー名」欄に、現在サインイン中のアカウント名がなくなっているときに起きます。

Account001
これを保存できるようにするには次のようにします。
①「セキュリティ」タブの「編集」ボタンをクリック。
②「保存しようとしているフォルダのアクセス許可」が表示されるので、「追加」ボタンをクリック。
③「ユーザーまたはグループの選択」が表示されるので「選択するオブジェクト名を入力してください」に現在サインイン中のアカウントを入力します。

Account002
どう入力すればいいかわからない時は、ほかの正常なフォルダのセキュリティタブを開いてそこに書かれている現在サインイン中のユーザー名のカッコ内の部分を入力しましょう。(私もわからなくて悩んだ記憶があります)
④「OK」ボタンを押す
⑤「保存しようとしているフォルダのアクセス許可」に戻るので、追加したユーザー名を選択。「アクセス許可」欄の「フルコントロール」の「許可」にチェックをつける。

Account003

これで無事に保存はできるようになりました。
しかし、なぜこんなことが起きたのかはわかりませんでした。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第29弾です。
パソコンサポートのプロおすすめ!
USBメモリに入れておきたい、PCトラブル解決ソフト5つ
https://latte.la/column/86392792

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ 

2016年6月 8日 (水)

Windows10からWindows7に戻せない。

朝、パソコンを起動すると、Windows7がWindows10にアップグレードされてしまいました。
パソコンは6年前に購入した東芝製です。

どうしていいのかわからなかったので、とりあえずいくつかのソフトを動かしてみましたが、ワードが正常に動きませんでした。
また、マイクロソフトアカウントを持っていたので、これでサインインできるように設定してみました。
しかし、個人情報が漏えいしそうな気がしたので、Windows7で使っていたローカルアカウントに戻しました。
他にも子供が遊んでいるゲームソフトが動きません。

この後スマホで、Windows7に戻す方法を見つけたので、実行してみました。
でも再起動するとWindows10が起動します。

どうしたら、Windows7に戻せるのでしょうか。
もし戻せないのなら、Windows10を使えるようにしてほしいという依頼を受けました。

依頼人宅を訪問して、Windows7に戻す手続きを確認しましたが間違ってはいません。

さて、Windowsのヘルプには、[以前のバージョンの Windows に戻す]場合の注意事項というのが書かれています。

○アップグレード後、windows.old フォルダーと \$Windows.~BT フォルダーの内容がすべて保持されていること。

○アップグレード後、ユーザー アカウントを追加、削除、移動していないこと。

○Windows 7 または Windows 8.1 へのサインインにパスワードを使っていた場合は、そのパスワードを知っていること。

○Windows 10 へのアップグレードに USB ドライブを使った場合は、その USB ドライブがあること。

となっています。

依頼人は、マイクロソフトアカウントを設定後、削除しています。
どうやら、これが原因でWindows7に戻せなくなったようです。

やむを得ず、Windows10を使うことになりましたが、いろいろとおかしな現象が起きています。
マイクロソフトエッジが正常に動きません。
起動すると真っ白な画面が表示されていつまでたっても同じ状態のままです。
インターネットエクスプローラーも同じです。

依頼人宅では、ファイアーフォックスをメインのブラウザとして使っていたらしいのですが、こちらは、Windows7の時から、ブラウザハイジャッカーに感染していたようで、妙なトップページが表示されています。

すべてのアプリを開いてみると、グーグルクロームが見つかったので起動してみるとこれは正常に動いていました。

次に、タスクマネージャーを開き、スタートアップタブに登録されているアプリの中から正体不明のアプリと起動する必要がないと私が考えるアプリを無効に設定しました。

再起動した後で、オフィス2010の各アプリをテストしましたが一応動いているようです。
子どもさんが使うというゲームソフトも正常に起動しました。

しかし、このWindows10は正常ではありません。Windows7へのダウングレードを繰り返すうちに異常が起きたのでしょう。
依頼人は、買い替えるまでの間は、この状態で使い続けるそうですので、とりあえず様子を見てもらうということで退出しました。

Windows10にアップグレードされた後、一ヶ月は元のWindowsに戻せることになっていますが無条件ではないということです。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第22弾です。
Windows10にアップグレードする or しない?評価は?各メリットとデメリット
https://latte.la/column/70808387

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

BIOS関連 | EXCEL関連 | PC自作関連 | SF | SF小説世界の終わり方その1 | USBメモリー関連 | Webサービス | Windows Vista | Windows XP | Windows10 | Windows8 | Windows8.1 | Windowsを操作する。キーボード編 | お天気関連 | お知らせ | アニメ・コミック | インターネットにつながらない | インターネットエクスプローラーの便利な使い方 | インターネットエクスプローラー関連 | ウィルス・スパイウェア関連 | ウルトラQ | ウルトラセブン | ウルトラマン | ゲーマーだった頃 | コントロールパネル関連 | スポーツ | セキュリティ関連 | データ復元 | データ移行 | ニュース | ネットワーク関連 | パソコンサポート | パソコントラブル | パソコントラブル(ソフトウェア関連) | パソコントラブル(ハードウェア関連) | パソコントラブル(有線LAN) | パソコントラブル(無線LAN) | パソコン・インターネット | パソコン設定 | パソコン豆知識 | フリーソフト関連 | ペット | マイクロソフトエッジ | マイナンバー違憲訴訟 | メール関連 | モータースポーツ | レジストリ操作 | 初期セットアップ関連 | 印刷(プリンタ)関連 | 原発事故関連 | 四方山話 | 囲碁 | 基本操作・便利技 | 学問・資格 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東宝特撮映画 | 無線LANの設定 | 特撮 | | 省電力・節電関連 | 科学 | 経済・政治・国際 | 趣味 | 迷惑ソフト関連 | 音楽 | 食べ物の話 | Windows7

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Facebook

Feedly

  • follow us in feedly

amazon

  • 福岡高校創立100周年記念

スポンサードリンク

  • オススメ商品(゚▽゚*) あなたにオススメ( ^ω^ )