ご案内

  • ◎「一ノ谷博士の四方山話」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ人気ブログランキングへ

Twitter

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。
無料ブログはココログ

カテゴリー

« ブログに表を載せるには | トップページ | 「Microsoft Compatibility Telemetry」とは。 »

2017年6月 5日 (月)

マイナンバー違憲九州訴訟の第5回口頭弁論が行われました。

今日、午後1時半から、福岡地裁301号法廷で、マイナンバー違憲九州訴訟の第5回口頭弁論が行われました。

今回は、なんと私の意見陳述から始まりました。

以下意見陳述。名前は仮名です。

意見陳述

糟屋郡須恵町の一ノ谷博士といいます。
私は、法人もしくは個人がパソコンを使っていて遭遇するトラブルの解決を仕事にしています。
このため、日頃から情報通信技術全般にわたって、情報を収集しており、そのためか、婦人グループからマイナンバーについて、講師をするように依頼されました。
このことをきっかけに、マイナンバー制度についても、情報収集・調査するようになりました。

この活動の中で、総務省がインターネットに公開している「マイナンバー制度利活用ロードマップ(Ver2)案」という資料を読みました。
そこで、国がマイナンバーを様々な領域に用途を広げようとしていることを知りました。

私は、多くの個人情報がまとめられ,おまけに顔写真までついているマイナンバーカード(個人番号カード)など作りたいと思っていませんが、先々、健康保険証などとして利用されることになると、マイナンバーカードを所持していないと社会生活が送れないようになり、事実上、所持を強制されることに思い至りました。

私が調べたところでは、マイナンバーカードの申請には顔写真を添付することが必要ですので、マイナンバー制度を管理する地方公共団体情報システム機構(J-LIS)は、マイナンバーカード(個人番号カード)の発行業務を通じて、国民の大半の顔写真(顔認証システムで使用できます)を手に入れることになります。
ロードマップによれば2019年3月末までにマイナンバーカードの発行枚数、8700万枚が目標として明記されています。
私は、この顔写真は街中に設置された監視カメラを通じて国民の行動を監視するために利用される可能性があると考えています。
マイナンバーカードの申請に使った写真は、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)に15年間保存されます。
その間に、顔写真のデータが外部に流出しないと言い切れるでしょうか?
つい最近も世界を巻き込んだサイバー攻撃が騒ぎになりました。
私の心配には根拠がないとは言えないと思います。

私は、マイナンバーに関する講師を依頼されたことと、国がインターネット上に公開している情報の調べ方を知っていることから、現在の状況はよく理解できていますが、国民のほとんどは、このような国のロードマップが作られていて、自己に関する多くの情報が紐づけ管理される事態が近付きつつあることを知らないのではないかと思っています。

ロードマップには、マイナンバーカードをクレジットカードやポイントカード、ニモカのような交通系のICカードなどとしても使えるようにすることを促進すると書かれています。
これらのサービスではマイナンバーカードを利用する度に、登録情報の有効・無効を確認するために地方公共団体情報システム機構(J-LIS)へ問い合わせをします。
この問い合わせには課金が発生しますので、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)のサーバーにマイナンバーカードの持ち主がいつどのようなサービスを利用したかという行動履歴とでもいうべき情報が保存されます。
私は、マイナンバーカードには国がその気になれば、国民の行動監視に役立つ仕組みが組み込まれていると考えています。

国が、国民に詳細を伝えようとしないまま、大多数の国民を置き去りにして先へ先へとマイナンバー制度を進めようとしている状況をみると、自分達の情報が、国のいいように扱われようとしているのではないか、国が私達国民を、マイナンバーで収集・集約した行動履歴をもって危険人物扱いしたり、国民をカテゴライズして選別しようとする日がやってくるのではないかという不安を感じてしまいます。

多くの国民は、このような危険性があることをきちんと知らされていれば、マイナンバー制度には同意しないと思います。

私は、マインナンバーを通じて国に行動を監視されたくありませんし、国に選別されることを望みません。多くの国民もそうだと思います。
マイナンバー制度は、廃止されるべきです。

次回、第6回口頭弁論は、9月25日(月)13時半~ 301号法廷で行われる予定です。

■一行豆知識
覚えておきたいショートカットキーの組み合わせ。その5

[Windows]+[L]キー ちょっと席を外すときにWindowsをロック。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

■コラムの第34弾です。
▼パソコンデータを完全消去!ハードディスクのデータを完全削除する方法
https://latte.la/column/94898887

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

« ブログに表を載せるには | トップページ | 「Microsoft Compatibility Telemetry」とは。 »

マイナンバー違憲訴訟」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561038/65373976

この記事へのトラックバック一覧です: マイナンバー違憲九州訴訟の第5回口頭弁論が行われました。:

« ブログに表を載せるには | トップページ | 「Microsoft Compatibility Telemetry」とは。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Facebook

Feedly

  • follow us in feedly

amazon

  • この本を読んで、どうやってこの唄ができたのかわかりました。
  • 顔を突き合わせた会話を人が喪失してしまう危険性

よろしくお願いします。

アフィリエイト