ご案内

  • ◎「一ノ谷博士の四方山話」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ人気ブログランキングへ

Twitter

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。
無料ブログはココログ

カテゴリー

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月26日 (日)

「警告!!マイクロソフトのプロダクトキーが不正コピーされている恐れがあります。」というタイトルの迷惑メールが来た。

昨日から「警告!!マイクロソフトのプロダクトキーが不正コピーされている恐れがあります。」というタイトルの怪しいメールがいくつも来るようになりました。

差出人はいずれも「マイクロソフトセキュリティチーム」となっていますが、送信元アドレスはおよそマイクロソフトとは関係なさそうなアドレスになっています。
中身は以下のようなものですが、いわゆる「フィッシングメール」です。
もし同じようなタイトルのメールを受け取った方には、開かずに削除することをお勧めします。

以下引用

セキュリティに関する警告!!

あなたのオフィスソフトの授権が間もなく終わってしまう可能性があります。

マイクロソフトセキュリティチームの調べによれば、あなたのオフィスソフトプロダクトキーが何者かにコピーされている不審の動きがあります。

何者かがあなたのオフィスソフトのプロダクトキーを使って、他のソフトを起動しようとしています。こちらからはあなたの操作なのかどうか判定できないため、検証作業をするようお願いします。

検証作業が行われていない場合、あなたのオフィスソフトのプロダクトキーの授権状態がまもなく終わりますので、ご注意ください。

今すぐ認証

*ライセンス認証(マイクロソフトプロダクトアクティベーション)とは、不正なコピーを防止する技術で、手続きは簡単に実行できます。 また、この手続きは匿名で行われるので、お客様のプライベートな情報は保護されています。ご安心ください。

ここまで。

もう一度書きますがこのメールの内容は事実ではありません。
このメールは個人情報を収集するために配られたものです。

関連記事 「ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。」というメールが届いた。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第30弾です。
パソコンがインターネットにつながらない原因の調べ方!
確認ポイントを順に紹介(windows PC編)
https://latte.la/column/88113557

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2017年2月23日 (木)

パソコンでファイルを開く時のやり方

「パソコンでファイルを開く時には、ダブルクリックをするか、それとも右クリックをして出たメニューから開くを選ぶか、どちらですか」と聞かれたのだがどちらもやってないと返答した。

普段、どんなやり方でファイルを開くか気にしていないが、日ごろ自分が接している人たちは、たいていダブルクリックを使っている。
右クリックしてメニューを開いている人は見たことがない。

自分は、「ポイントして選択し、シングルクリックして開く」というやり方を採用している。
たぶん、15年以上はこのやり方でファイルを開いている。
我が家のパソコンでは長い間、ダブルクリックはやっていない。
このやり方が楽でなじんでいる。

このやり方を設定するには、エクスプローラーを起動して「表示」を開く。

Hyouji001

次に、オプションをクリックすると、フォルダーオプションが開く。

Folderoption001

ここで、「ポイントして選択し、シングルクリックして開く」を選び、下の「ポイントしたときのみアイコンタイトルに下線を付ける」も選んでおく。
「OK」を押せば、以降、ファイルはシングルクリックで開くようになる。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第30弾です。
パソコンがインターネットにつながらない原因の調べ方!
確認ポイントを順に紹介(windows PC編)
https://latte.la/column/88113557

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2017年2月13日 (月)

マイナンバー違憲九州訴訟の第4回口頭弁論が行われました。

今日、午後1時半から、福岡地裁301号法廷で、マイナンバー違憲九州訴訟の第4回口頭弁論が行われました。

今回は月曜日に仕事をしていない友人を傍聴に連れ出した。
裁判終了後に、感想を聞いたが、何をやっているのかさっぱりわからないといわれた。

無理もない。
裁判長は、原告と被告(国)との間で、文書のやり取りについて話をしているが傍聴人は蚊帳の外だ。
この後、原告の一人が意見陳述を行ったが、マイナンバー裁判が何を争っているのか知らない友人にはやはり理解できないようだ。

まぁ、それでも付き合ってくれた友人には感謝している。
私は、今までに3つの裁判で、20回以上傍聴をしてきたが概ね同じような調子で、傍聴人にはなにが起きているかわからない。

そこで、毎回、弁護人が裁判の中身を解説する会合を開いている。
裁判の傍聴では、こちらのほうが大事である。

裁判はまだ続く。
次回は、福岡地裁で、6月5日(月)13時半、301号法廷で行われる。

私は裁判というのはずいぶんのんびりしたものという印象を持っているが、裁判長と原告、被告(国)のやり取りを聞いていると彼らは急いでやっているつもりらしい。

意見陳述の内容は、マイナンバー違憲訴訟@九州のホームページになるべく早く載せるつもりである。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第30弾です。
パソコンがインターネットにつながらない原因の調べ方!
確認ポイントを順に紹介(windows PC編)
https://latte.la/column/88113557

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

2017年2月 7日 (火)

ブロードバンド接続(PPPoE)のアイコンにレ点がついてる。

夜、仕事から帰ってきてパソコンの電源を入れたらインターネットにつながらなくなっていた。
ホームページは見られないし、メールも読めない。
昨日までは問題は起きていなかった。

この様な問題の解決を依頼された。
依頼人はマンションに住んでいて、インターネットにはノートパソコンからLANケーブルを通じて壁にあるソケットにつなぐことでアクセスしているといわれた。
また、インターネットにつなぐための設定は何もしていないといわれた。

私は依頼人に対してマンションの管理人に連絡を取って、他の部屋でも同様な問題が起きていないか、またマンションが利用しているプロバイダにも問題が起きていないか確認するよう指示した。

たまたまだが、今日、ある会社に依頼されて書いたコラム、「パソコンがインターネットにつながらない原因の調べ方!確認ポイントを順に紹介(windows PC編)https://latte.la/column/88113557」というのを公開した。
「私家版」ではない。

その中に、やみくもに思いついたやり方で原因を探してみるのは時間を浪費する可能性が高いと書いている。

「インターネットにつながらなくなった原因には、パソコンからルータまで、ルータ自体、ルータからプロバイダまで、また、Webサーバーやメールサーバーの障害などが考えられます。」

というわけで、ルータ(マンションが管理している)、プロバイダ(OCNのようだ)に問題が起きてないか調べるように依頼人に指示した。

翌日の昼前に電話がかかってきて、、マンションの管理人からマンション全体にもプロバイダにも問題は起きていないといわれたので、出張サポートをお願いしたいといわれた。

依頼人のノートパソコンでは、Windows10が正常に動いているように見えた。
変わったところはタスクバーの右側にあるネットワークアイコンに「インターネットアクセスなし」と表示されていることだけだ。

私の友人はインターネットにつながらなくなったら、ルータの電源を入れなおすというがここではそのようなわけにはいかない。
私はマンションのルータにさわることができない。

とりあえず、コマンドプロンプトを開き、「ipconfig」を実行してみる。
パソコンはインターネットに接続するのに必要なIPアドレスなどを持っていることが分かった。

これで、依頼人が使っているLANケーブルに問題がないことも分かった。
ルータまで、pingを打ってみた。
遅滞なく応答が返ってくる。

インターネットにつながるための必要条件はそろっているように思える。
次に、セキュリティ対策ソフトをオフにしてみた。
しかし、インターネットにはつながらない。

この時点では、有線でつながっているLANのどこかに問題があると思っていた。
しかしどこに問題があるか確信が持てない。

そこで、手持ちのスマホのテザリングを有効にして、依頼人のノートパソコンを無線LANでインターネットに接続できるか試してみた。
無線LANは正常だが、インターネットにはつながらない。

ここに至って問題はパソコン自体にあると思うようになった。
もちろん、タスクバー右にあるネットワークアイコンに表示される「問題のトラブルシューティング」は何度も実行していた。
しかし、トラブルの解決に至るような芳しい答えは得られていなかった。
最後に指示されたのは、イーサネットのリセットだったので最後のお願いということで、実行してみた。
しかし、何も変わらない。

できること、思いつくことは一通りやってみた。
それでもトラブルを解決できない。
どうしたものだろう。

この時には、「ネットワークと共有センター」→「アダプタの設定の変更」を開いてみていた。

ここに至って、ようやく「ブログ」のタイトルにたどり着いた。
《ブロードバンド接続(PPPoE)のアイコンにレ点がついてる。》
いや、気がついてはいたんですよ。
しかし、これがインターネットにつながらないトラブルに関係しているなんてまるきり想像もしていませんでした。

何も期待はしていませんでした。
しかし、もうすることが思い当たりませんでしたので、アイコンを右クリックしてみました。
すると、「既定の接続の解除」というのが表示されたのでポチッとやりました。ブロードバンド接続(PPPoE)のアイコンから、レ点が消えました。
次にパソコンを再起動しました。

再起動してみるとあら不思議、ずっと消せなかった、ネットワークアイコンの「インターネットアクセスなし」が消えています。

依頼人と二人で期待を持って、インターネットエクスプローラーを開くとヤフーのトップページが表示されました。
依頼人は、メールが使えるようになったことも確認しました。

このトラブルの原因にたどり着くまで依頼人宅に着いてからたっぷり90分を要しました。

この後、「ブロードバンド接続(PPPoE)のアイコンにレ点がついてる。」で、ググってみました。

参考サイト:【Windows10】PPPoE設定を無効にする方法

ここで、参考になる記事を見つけました。
依頼人は今回のトラブルが起きた原因には何も思い当たることがないそうです。どうしたんでしょうね。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第30弾です。
パソコンがインターネットにつながらない原因の調べ方!
確認ポイントを順に紹介(windows PC編)
https://latte.la/column/88113557

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2017年2月 5日 (日)

「パソコンが得意でないとマイナポータルは使えない」

「マイナポータル」は、国が国民のマイナンバーをどのように利用しているかを国民自身がインターネット経由で確認できるようにするために、国が提供するサービスです。

ほかに、子育て関連サービスを始め、社会保険料や税金などの支払いをマイナポータルを利用して、おこなえるサービスも検討されているそうです。
本格的な運用は2017年7月から始まる予定になっています。

現在、テストが行われているのですが、現状では国民にとっての使いやすさが考慮されていないことが分かりました。

国民がマイナポータルを使うために必要な準備は複雑多岐にわたっています。

1、マイナポータルを利用する人の本人確認のためにマイナンバーカードが必要です。

2、マイナンバーカードを使うために、パソコンに自分でお金を払って購入したICカードリーダをつなぐ必要があります。

3、パソコンによっては、ICカードリーダが動くようにするため、ソフトを準備する必要があります。

4、マイナポータルを利用するには、インターネットを閲覧するソフトが必要です。日頃、インターネットを見ていらっしゃる方が利用しているソフトが使えるとは限りません。
閲覧ソフトが指定されているのですが利用者の方は、自分のパソコンで使っているソフトがなんであるか調べて、必要なら、新しい閲覧ソフトをパソコンで使えるようにする必要があります。

これだけではすみません。
他にもいくつか自分でインターネットから探し出して、パソコンに設定してやる必要のあるソフトがあります。

「マイナポータル」は、あまねく普及して、多くの人が使っている姿が想像しがたいシステムです。
今のままでは、機器設定の段階で、諦める人が多いと思われます。

なぜこんな稼働する前から使い物にならないと誰でも想像がつくものに莫大な税金をかけるのでしょう。
ここは一度立ち止まってよく考えるべきだと思います。

マイナンバー違憲九州訴訟を福岡地裁に提起しています。
次回は、2月13日(月)13時半~ 
福岡地方裁判所301号法廷で開かれます。
傍聴人の数が少なからず裁判官の心証・判断に影響を与えますので、一人でも多くの方が傍聴に訪れてくれるようお願いします。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第30弾です。
パソコンがインターネットにつながらない原因の調べ方!
確認ポイントを順に紹介(windows PC編)
https://latte.la/column/88113557

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

2017年2月 3日 (金)

ウイルスに感染したという警告が出て、警告音が鳴りやまない。

昨晩、かなり前にパソコンのサポートをさせていただいた方から、電話がかかってきた。
あぁ、しまった。
前回のブログと同じ出だしだ。

話を聞いてみた。
「夜、インターネットであちこちのサイトをのぞいていたら、突然、警告画面が表示され、大きな警告音が鳴り出した。」
「音が止められない!」
確かに電話でもにぎやかな音が聞こえている。
インタネットエクスプローラーの×ボタンを押しても反応しないというので、電源ボタンを長押ししろと言おうかと思ったがやめて、Windowsのスタートボタンからシャットダウンするように指示した。

うまくいったらしく静かになった。
再起動して、インターネットエクスプローラーを開いたが何も問題はないといわれた。

相談の電話をかけてきたご婦人は、警告画面に書かれていた03~で始まる電話番号に電話をしてみたらしい。
ところが電話に出た人が片言の日本語だったので怪しいと思い、電話を切ったといわれた。

今回のようなケースではとても正しい判断だったと思う。
この後、ウイルス対策ソフトでスキャンを実行してもらった。

今回のようなトラブルの相談を受けたのは初めてであったが、私にとっては既知のトラブルだった。
日頃から情報収集を行っていた成果が出たと思う。

参考記事 『“ウイルスに感染した”という偽警告でサポートに電話するように仕向ける手口に注意  ~最近ではブラウザの操作を妨害する手口も~ 』

これは、独立行政法人情報処理推進機構のサイトです。
今回のトラブルの詳しい内容、対処法などが掲載されています。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

Feedly
follow us in feedly

コラムの第30弾です。
パソコンがインターネットにつながらない原因の調べ方!
確認ポイントを順に紹介(windows PC編)
https://latte.la/column/88113557

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Facebook

Feedly

  • follow us in feedly

amazon

よろしくお願いします。

アフィリエイト