ご案内

  • ◎「一ノ谷博士の四方山話」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ人気ブログランキングへ

Twitter

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。
無料ブログはココログ

カテゴリー

« スカイプが使えない。 | トップページ | Winndows8.1にはスタートボタンのようなものがつく »

2013年5月26日 (日)

ウイルスのせいでインターネットに接続できない。

 パソコンがウイルスに感染しているようなので、削除してほしいという依頼を受けた。
状況を詳しく聞いてみた。
依頼人はパソコンの状態がおかしいと思い、ウイルスバスターをインストールしてスキャンした。
その結果、画面にはウイルスを見つけたが削除することができないとでた。
またインターネットにアクセスできない。
但し別のユーザーでログインしたときにはインターネットにアクセスできる。
約一ヶ月ほどの間、パソコンにはセキュリティ対策ソフトがインストールされていなかった。
他に画面に英語が表示されており、そこにはsystem care antivirusと書かれていた。
そこまで聞いて依頼人宅を訪問することにした。
準備をする間、グーグルで、system care antivirusを調べてみた。
その結果、これがいわゆるセキュリティ対策ソフトを騙った迷惑ソフトだということが判明した。
このソフトの削除方法をプリントアウトして依頼人宅へ向かった。パソコンを起動すると早速、system care antivirusが起動してパソコン内のウイルスなどを調べてくれている。
削除の手順書に従って、迷惑ソフトの実体の場所を調べた。
そのフォルダは存在しなかった。
msconfigを実行してスタートアップ項目を調べたが該当する項目は存在しなかった。
仕方がないので、インターネットエクスプローラーを起動して対策を調べなおそうと考えたがインターネットエクスプローラーは起動しない。
依頼人が言うにはsystem care antivirusが動いている間は他のソフトの起動ができないことがあるらしい。
そこでセーフモードでパソコンを起動し直すことにした。
セーフモードでもインターネットエクスプローラーはネットにつながらなかった。
そこで、セーフモードでシステムの復元を実行してみることにした。
だが、すべての復元ポイントが無効になっていた。
仕方がないので、通常起動に戻して地道に削除作業を実行する事にした。
しかし、system care antivirusは起動しなくなっていた。
その代わりに、「McAfee Security Scan Plus」と「RegClean Pro」というなじみのある迷惑ソフトが起動するようになっていた。
この二つのソフトは既知の手順通りに削除できた。
依頼人にもう一度話を聞いてみた。
ウイルスを削除できないと表示したのは迷惑ソフトで、ウイルスバスターはウイルスは存在しないと表示したらしい。
依頼人が私に連絡を取る前にはウイルスバスターは9つのウイルスを見つけたと表示していたらしいのでその時に削除したと思われる。
最後に残った問題というか症状はパソコンがインターネットに接続できないというものである。
標準機能であるトラブルシューティングをやってみたが解決できないと表示される。
詳細をみるとIPアドレスを取得できないと出ている。
ローカルネットワークのプロパティをみたが異常はなかった。
ウイルスがネットを無効にしたのだから普通のやり方ではないのだろう。
考えてみた。
パソコンのネット設定に異常がないように見えるのにIPアドレスなどのネットワーク設定がもらえないということはDHCPが働いていないということだろうと考え、Windowsのサービスを調べたがこれも正常である。
つぎにファイアーウオールを調べた。
例外に設定されている項目をみると見慣れないものがたくさん存在していた。
しかし、これは依頼人の趣味によるもので今回の問題とは直接関係ないことがわかった。
行き詰まったので、ファイアーウオールの設定を初期化した。
警告の画面が派手にでて、使用しているソフトに支障が出ますよと言っている。
すでに支障は出ているので依頼人の許可を得て、初期化を実行した。
これでインターネットに接続できるようになった。
とりあえず、問題の症状は出なくなった。
最後に、利用されていないと思われるAdobeReaderとJavaを削除した。
Windowsの更新は自動的におこなわれているようだし、AdobeFlashPlayerは依頼人の趣味に直結しているので削除できない。
このAdobeReader、Java、AdobeFlashPlayerの更新とWindowsの更新が行われていないPCはウイルスにとって一番の攻撃目標である。
使わないことがはっきりしているなら削除するのがいい。

今回の作業で、ウイルスなどのマルウエアが完全に削除できたかわからない。
リカバリーもできそうにはないのでもう一度、ウイルス対策ソフトでフルスキャンを実行してもらうことにした。
しばらく様子を見て、またパソコンがおかしくなったら連絡をくださいと言って引き揚げた。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
携帯からはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

« スカイプが使えない。 | トップページ | Winndows8.1にはスタートボタンのようなものがつく »

Windows XP」カテゴリの記事

インターネットエクスプローラー関連」カテゴリの記事

ウィルス・スパイウェア関連」カテゴリの記事

セキュリティ関連」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコントラブル(ソフトウェア関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561038/57464540

この記事へのトラックバック一覧です: ウイルスのせいでインターネットに接続できない。:

« スカイプが使えない。 | トップページ | Winndows8.1にはスタートボタンのようなものがつく »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Facebook

Feedly

  • follow us in feedly

amazon

よろしくお願いします。

アフィリエイト