ご案内

  • ◎「一ノ谷博士の四方山話」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ人気ブログランキングへ

Twitter

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。
無料ブログはココログ

カテゴリー

« Windows8で使われる用語と使い方。その1 | トップページ | パソコンが壊れた。 »

2013年3月10日 (日)

一ノ谷博士が独断解説 ウルトラQ 甘い蜜の恐怖

.

 「雷鳴のとどろく嵐の夜、一人の男がアンバランスゾーンに落ちた。」
物語の始まりに語られる石坂浩二氏のナレーションは見ている私をもアンバランスゾーンに引きずり込んでくれた。

嵐の夜から数日後だと思われるがセスナ操縦の訓練を行っていた星川航空の二人は貨物列車が山崩れによって脱線するところを目撃する。
場面は変わって農事試験場。
物語の始まり、嵐の夜の場面はこの場所だったらしい。
男が懐中電灯と金槌を持ち鍵を壊して、建物に入り込む。
中にはハニーゼリオンという特別な栄養剤で育てられた地蜂の幼虫がいた。
ハニーゼリオンには摂取した動物を巨大化させる副作用がある。
そのあと、試験場の近くの農地から巨大なモグラが出現する。
物語では名もなき巨大モグラだが一応モングラーという名前でよぶ。
怪獣図鑑ではその名前がついている。
ウルトラQでは東宝特撮のぬいぐるみを流用した怪獣が多かった中でこれはウルトラQのオリジナルである。
冒頭で貨物列車の脱線事故を引き起こしたのもモングラーのようだ。
男は農事試験場の研究員の一人で、ハニーゼリオンを開発した仲間に嫉妬して、事件を引き起こした。
確かに男は心のアンバランスを引き起こしたのに違いない。
それにしてもかわいそうなモングラー
戦車砲で攻撃され、ミサイルを浴び、地中に逃げるとマグマの通り道に入り込んでしまう。
気の毒というほかない。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。 人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

« Windows8で使われる用語と使い方。その1 | トップページ | パソコンが壊れた。 »

SF」カテゴリの記事

ウルトラQ」カテゴリの記事

四方山話」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

(=^・^=)こんにちは
モングラーかわいそうですね(T_T)sweat02
もぐらさんは地中にいてあまり外には出てこないけど、モングラーは体が大きくなったから地中では棲み辛くなったんでしょうか・・・house
単に、外に出てきただけなのに・・・迷惑だけどsweat01
まぁ、私もゴキさんがそこにいるだけで殺してたりするので、言えた義理じゃないけど・・・
不条理ですね、ウルトラQのコンセプトは不思議さと不条理でしたっけ
ウルトラマンなんかでも、そこに居るだけで攻撃されたりしてましたねbomb
その内、自分達のしていることに疑問を持ったりするようになって、それでもそうするしかないんだって・・・そういう所が”ウルトラ~”のシリーズにはあって好きでしたconfident

モングラーのオリジナル着ぐるみが出来上がった時、ウルトラQの人たち”どんなもんだい!good”って感じだったでしょうかねbleah

いつもコメントありがとうございます。
残り3話で、このシリーズは終了します。
頑張ります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561038/56927550

この記事へのトラックバック一覧です: 一ノ谷博士が独断解説 ウルトラQ 甘い蜜の恐怖:

« Windows8で使われる用語と使い方。その1 | トップページ | パソコンが壊れた。 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Facebook

Feedly

  • follow us in feedly

amazon

  • 初期設定の依頼時に使ってみました。役に立ちます。

スポンサードリンク