ご案内

  • ◎「一ノ谷博士の四方山話」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ人気ブログランキングへ

Twitter

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。
無料ブログはココログ

カテゴリー

« 共有フォルダのセキュリティ警告を出さないようにするには | トップページ | エクセルの行や列をグループ化を使って非表示にする。 »

2012年3月 6日 (火)

Windowsをキーボードで操作するその1。ドロップダウンリストを操作する。

 ショートカットキーの話は過去にいくつも書いているので、もっと基本的な話を書いてみよう。

Windowsでは大抵の操作をキーボードでできることになっている。
そこで今回はドロップダウンリストの操作を紹介しよう。

Screen01


これはスクリーンセーバーの設定をするダイアログである。
今は「適用」にフォーカスがあるがここでTabキーを何度か押すとフォーカスが移動して、ドロップダウンリストにくる。

Screen02


ここでF4キーを押すとリストが開く。

Screen03


次に↑や↓のキーで目的の項目を選び、Enterを押す。
Windowsのドロップダウンリストは皆、同じ方法で操作できる。

なお、Tabキーを押して、フォーカスを移動していたがTab+Shiftキーを押せば逆方向へ移動できる。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

ランキングに参加しています。にほんブログ村 パソコンの豆知識 クリックお願いします。

« 共有フォルダのセキュリティ警告を出さないようにするには | トップページ | エクセルの行や列をグループ化を使って非表示にする。 »

Windowsを操作する。キーボード編」カテゴリの記事

コントロールパネル関連」カテゴリの記事

パソコン豆知識」カテゴリの記事

基本操作・便利技」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561038/54156543

この記事へのトラックバック一覧です: Windowsをキーボードで操作するその1。ドロップダウンリストを操作する。:

« 共有フォルダのセキュリティ警告を出さないようにするには | トップページ | エクセルの行や列をグループ化を使って非表示にする。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Facebook

Feedly

  • follow us in feedly

amazon

  • 初期設定の依頼時に使ってみました。役に立ちます。
  • 一緒にいても会話をしない人たち

よろしくお願いします。

アフィリエイト