ご案内

  • ◎「一ノ谷博士の四方山話」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ人気ブログランキングへ

Twitter

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。
無料ブログはココログ

カテゴリー

« ストリートビュー訴訟控訴審 第3回が福岡高裁で開かれます。 | トップページ | TCPハーフスキャンとは »

2012年3月 2日 (金)

ウィルスに感染?

 友人その1が17時過ぎにノートパソコンを持ち込んできた。
知り合いに、パソコンが起動しないのでデータの取り出しを依頼されたらしい。

とりあえず、電源をつないで、立ち上げてみると順調に立ち上がり始めた。
ようこそ画面を通り過ぎて思わず声が出た。”わぉー!”
事前にXPが起動しないので、データの取り出しに協力してほしいといわれていたのとは状況がまるで違っている。
画面は真っ暗になり、数十ものWindowが開いている。
その後、画面にセキュリティ対策ソフトを称するものの警告が表示された。
すべて英語である。
私は友人その1にいった。パソコンが起動しないと言うがおそらくHDDには問題はないだろう。
その後、いろいろあって、HDDを取り外してUSB経由で検査用の別のパソコンにつなぎ、セキュリティ対策ソフトで、チェックした。
セキュリティ対策ソフトはただちにやや大げさな警告画面を表示し、スキャンを続けている。
その間、必要に迫られて、同じパソコンで、インターネットに接続を試みたがDNSに接続できないといわれた。
同時に起動している別のパソコンではインターネットに接続できる。
どうやらこのセキュリティ対策ソフトは怪しいファイルを発見したらインターネットの接続を封鎖するらしい。
立派なものだ。
セキュリティ対策ソフトの仕事が終了したらインターネットに接続できるようになった。セキュリティ対策ソフトはCeeInject.DBとTibsITというやつを見つけた。

ハードディスクをノートパソコンに取り付けて起動してみた。
怪しい、セキュリティソフトは表示されなくなっていた。
たくさんのWindowも開かない。
Taskmanagerが使えなくなっていた。
これは自分が過去にこのブログに書いた(タスクマネージャーを使えないようにする。)通りだったので、速やかに解決した。
おなじく、デスクトップのアイコンが表示されない(デスクトップアイコンを表示しないようにするには)問題も解決した。
スタートメニューにソフトが何も表示されない。
おなじく、デスクトップに表示されたアイコンが薄くなっている。
調べてみるとDocument and Settingsが読み取り専用かつ隠しファイルになっていた。
他にも問題があるかもしれない。
このパソコンのセキュリティ上の信頼性は保証できなくなっているので、リカバリーするのがいいと思う。

翌日の午前中に来た友人その1はデータを取り出す作業をしなくて良くなったのを喜んでいた。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
携帯からはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

« ストリートビュー訴訟控訴審 第3回が福岡高裁で開かれます。 | トップページ | TCPハーフスキャンとは »

Windows XP」カテゴリの記事

セキュリティ関連」カテゴリの記事

ネットワーク関連」カテゴリの記事

パソコントラブル(ソフトウェア関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561038/54123938

この記事へのトラックバック一覧です: ウィルスに感染?:

« ストリートビュー訴訟控訴審 第3回が福岡高裁で開かれます。 | トップページ | TCPハーフスキャンとは »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Facebook

Feedly

  • follow us in feedly

amazon

  • 初期設定の依頼時に使ってみました。役に立ちます。

スポンサードリンク