ご案内

  • ◎「一ノ谷博士の四方山話」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ人気ブログランキングへ

Twitter

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。
無料ブログはココログ

カテゴリー

« APIPAを無効にする。 | トップページ | WindowsXPの起動が極端に遅い場合には »

2012年1月14日 (土)

ダウンロードファイルのセキュリティチェックを無効にする

 WinXP SP2以降、ファイルストリームにゾーン情報が書き込まれるようになっている。
ゾーン情報が書き込まれたファイル(インターネットからダウンロードしたファイル)は直接実行できない。
ゾーン情報がいらないという方のためにカスタマイズする方法を書いておこう。
ただし、カスタマイズを実行するとセキュリティレベルが低下する。

例によってレジストリをいじる。
また、操作を誤ってパソコンが動かなくなっても責任は負わないのでそのつもりでいてほしい。
気をつけてはいるが綴りを間違っているかもしれないので油断しないように。

レジストリエディタを起動する。次のキーを開く。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft
\Windows\CurrentVersion\Policies\Attachments

Attachment01

 もし、「Attachments」というキーがなければ、「Policies」を右クリックして「新規」-「キー」を選んで作成する。

Attachment02

「Attachments」を右クリックして「新規」-「DWORD値」を選んで「SaveZoneInformation」というDWORD値を作成する。

Attachment03

「SaveZoneInformation」をダブルクリックして「値のデータ」に半角数字で「1」を入力して「OK」ボタンをクリックする。

Attachment04

この後ダウンロードした実行ファイルのプロパティを開くとセキュリティセクションと「ブロックの解除」ボタンが表示されなくなっている。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
携帯からはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。ブログランキングに参加していますので下のアイコンをクリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

« APIPAを無効にする。 | トップページ | WindowsXPの起動が極端に遅い場合には »

インターネットエクスプローラー関連」カテゴリの記事

セキュリティ関連」カテゴリの記事

レジストリ操作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561038/53736097

この記事へのトラックバック一覧です: ダウンロードファイルのセキュリティチェックを無効にする:

« APIPAを無効にする。 | トップページ | WindowsXPの起動が極端に遅い場合には »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Facebook

Feedly

  • follow us in feedly

amazon

  • 初期設定の依頼時に使ってみました。役に立ちます。
  • 一緒にいても会話をしない人たち

よろしくお願いします。

アフィリエイト