ご案内

  • ◎「一ノ谷博士の四方山話」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ人気ブログランキングへ

Twitter

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。
無料ブログはココログ

カテゴリー

« タウンページと偽請求書 | トップページ | インターネットエクスプローラーでホームページが見られない(IPv6が影響している場合) »

2011年8月 5日 (金)

パソコンの電源を入れたら、CMOS Setting Wrongという表示が出て起動しない

 普段、使っているパソコンの電源を入れたら、CMOS Setting Wrongという表示が出て起動しないという相談を電話で受けた。

このパソコンは自作で組み立ててから3年ほどである。
F1キーを押すとCMOSセットアップがたちあがるはずなのだが反応がないらしい。

CMOS setting wrongというのはBIOSの設定が保存されているはずのCMOSに問題が起きているということを意味している。

ここでいうCMOSはBIOSの設定を記憶しているメモリーを意味している。CMOSのメモリーを保持するためには電池を必要とする。組み立ててから3年程度では電池が切れることはあまりないと思うのだがとりあえず、電池を交換することにした。

私に相談した人は近くのコンビニで電池を購入したらしい。
電池を交換したことによって一度は正常に起動したということで喜びの電話がかかってきた。
しかし、しばらくしてまた起動しなくなったらしい。
電池を交換したあとに、時刻の設定をやり直さなかったのが原因である。

このような場合には時刻の設定をやり直す必要があるのは自作ユーザーの常識なのだがそれをきちんと指示しなかった私のミスである。
申し訳ない。
ちなみにマザーボードから外した電池はかなり電圧が下がっていたらしい。
もし、これで立ち上がらなかったら、再起動を試してみるのはやめて、マザーボードをメーカー修理に出すのが一番有力なトラブル解決方法だと思う。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
携帯からはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

« タウンページと偽請求書 | トップページ | インターネットエクスプローラーでホームページが見られない(IPv6が影響している場合) »

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコントラブル(ハードウェア関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561038/52400311

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンの電源を入れたら、CMOS Setting Wrongという表示が出て起動しない:

« タウンページと偽請求書 | トップページ | インターネットエクスプローラーでホームページが見られない(IPv6が影響している場合) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Facebook

Feedly

  • follow us in feedly

amazon

よろしくお願いします。

アフィリエイト