ご案内

  • ◎「一ノ谷博士の四方山話」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ人気ブログランキングへ

Twitter

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。
無料ブログはココログ

カテゴリー

« デジサポ福岡から電話がかかってきた。 | トップページ | インターネットエクスプローラー9を削除するには »

2011年7月 2日 (土)

またもやUSBメモリーが開けない。

 先日、USBメモリーの内容が見られなくなったという相談を受けた。

パソコンは正常にUSBメモリーを認識しており、問題はないようだ。
開いて見ても何も表示されない。
そこで、フォルダオプションを変更して、隠しファイル、隠しフォルダを表示させてみた。

Folderoption


表示されたのはFOUNDというの名のフォルダで、その中には.CHKの拡張子を持つファイルがたくさん並んでいた。

どうやらこのUSBメモリーにはファイルシステムに障害が起きて、スキャンディスクが実行されたことがあるらしい。

Scandisk


FOUNDというの名のフォルダの中にあるCHKの拡張子を持つファイルはHDD内でファイルとして正しく認識できなくなってしまった領域を、スキャンディスクの機能でファイルに変換したものだ。

VISTAやWin7ではUSBメモリーのファイルシステムの障害を検知して、スキャンディスクの実行を行うかどうか許可を求めてくることがある。初心者は自分が何を許可したのか記憶していないことが多い。

依頼人の希望はなくなったファイルを取り戻したいということである。
そこで、ファイナル・データを実行してみた。数十個の写真といくつかのエクセルのファイルが復元できた。希望にはほど遠いらしいがとりあえずこれ以上はどうにもならない。

作業の間、ハードウェアの安全な取り外しを使ったのだが依頼人はこのような機能の存在を知らず、USBメモリーは使用後いつもパソコンから引き抜いていたらしい。
USBメモリーは記憶メディアとしての信頼性が高いとはいえないように思う。
バックアップ用途には向いていない。一時的な記録にしか使わない方がいいだろう。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
携帯からはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

« デジサポ福岡から電話がかかってきた。 | トップページ | インターネットエクスプローラー9を削除するには »

USBメモリー関連」カテゴリの記事

パソコントラブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561038/52100975

この記事へのトラックバック一覧です: またもやUSBメモリーが開けない。:

« デジサポ福岡から電話がかかってきた。 | トップページ | インターネットエクスプローラー9を削除するには »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Facebook

Feedly

  • follow us in feedly

amazon

  • この本を読んで、どうやってこの唄ができたのかわかりました。
  • 顔を突き合わせた会話を人が喪失してしまう危険性

よろしくお願いします。

アフィリエイト