ご案内

  • ◎「一ノ谷博士の四方山話」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ人気ブログランキングへ

Twitter

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。
無料ブログはココログ

カテゴリー

« OSの読み込みまでたどり着けず、起動できないパソコン | トップページ | ウランとプルトニウムの半減期 »

2011年3月22日 (火)

塩漬けの原発と放射性物質の半減期

 原子炉の建屋に大量の海水を注ぎこんでいるがいつまで続けられるのだろう。
海水は当たり前だがたくさんの塩を含んでいる。燃料棒の熱で水は蒸発するのだから原発が塩田と同じになる。
そのうちに原発が塩漬けになって燃料棒が冷却できなくなるのじゃないだろうか。そうならないうちに早く真水で冷却できるようになって欲しい。

さて手近にある理科年表からニュースでよく聞く放射性物質の半減期を書いておこう。
ヨウ素131 8.02070日
ヨウ素134 52.5分
セシウム134 2.062年
セシウム137 30.07年
ストロンチウム90 28.78年
コバルト58 70.82日
テルル132 3.204日

半減期は放射性原子核が崩壊して数が半分になるまでの時間である。この2倍の時間が経過しても放射性原子核がなくなるわけではない。常に半分になっていく、2倍の時間がたてば1/4、3倍の時間がたてば元の1/8というように半減していく。このために半減期とよばれる。一般的に半減期が短いほど核の崩壊が早いので放射線が強い。半減期が長い場合は放射線は弱いがいつまでも出続ける。

ベクレルは1秒間に崩壊する原子核の数です。

シーベルトや放射線の影響の話はこちら

ベータ線は原子核が崩壊するときに出る電子の流れです。

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

« OSの読み込みまでたどり着けず、起動できないパソコン | トップページ | ウランとプルトニウムの半減期 »

原発事故関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561038/51189425

この記事へのトラックバック一覧です: 塩漬けの原発と放射性物質の半減期:

« OSの読み込みまでたどり着けず、起動できないパソコン | トップページ | ウランとプルトニウムの半減期 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Facebook

Feedly

  • follow us in feedly

amazon

よろしくお願いします。

アフィリエイト