ご案内

  • ◎「一ノ谷博士の四方山話」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ人気ブログランキングへ

Twitter

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。
無料ブログはココログ

カテゴリー

« Vistaのチューニング | トップページ | お盆休み »

2010年8月11日 (水)

引き続きVistaのチューニングを行っている。

 台風の影響で大雨になっている。
その中で引き続きVistaのチューニングを行っている。

Windowsカーネルを物理メモリー上に常駐させる。
これはWindowsが動くのにもっとも必要なソフトであるが起動してから時間がたつとディスク上に移されていく。
これはほかのソフトが動くのに必要なメモリーの領域を確保するためであるがメモリーとディスクでは速度が何十倍も違うのでパフォーマンスが落ちる。
メモリーがたくさん積まれている場合はこの設定をすると体感上パフォーマンスがかなりよくなったように感じる。
実際にそうなった。

アイドル時のデフラグを無効にした
私はWindowsに搭載されているものより性能がいいと思うデフラグ用のフリーソフトを使うことにしている。

シャットダウン時に「最近使ったファイル」クリアするようにした。
次回起動時に読み込む時間がかからないだけ速くなる。

ウィンドウの最小化時のアニメーションをやめた。

Windowsエラー報告時のダイアログを非表示にした。
マイクロソフトに知らせますかというやつである。

無効なショートカットがあっても追跡をしない。
ソフトを削除した後に残っているアイコンはきちんと削除しなければいけない。
パフォーマンスが落ちる。

ショートカット作成時に「~へのショートカット」をつけない。
パフォーマンスとはあまり関係ないかもしれない。

検索インデックスサービスを無効にした。
ディスク内の検索はあまりやらないので特に問題はないだろう。

ReadyBoost機能を無効にした。
この機能を利用する予定はないから無効にした。
少し負荷が下がるだろう。

とりあえずこれくらいにしておこう。
ほとんどはレジストリーの変更なので、パソコンが起動できなくなる可能性がある。
まねしてみたい人がもしいたら、適当なツールを手に入れることをおすすめする。

体感的には間違いなく速くなった。実はチューニング一筋20年。

参考記事 Windows Vistaは「初期設定」で使うな!

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
携帯からはこちら

記事を書く励みになりますのでよろしければ、クリックお願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

 

« Vistaのチューニング | トップページ | お盆休み »

Windows Vista」カテゴリの記事

コントロールパネル関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

パソコン豆知識」カテゴリの記事

基本操作・便利技」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561038/49121312

この記事へのトラックバック一覧です: 引き続きVistaのチューニングを行っている。:

« Vistaのチューニング | トップページ | お盆休み »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Facebook

Feedly

  • follow us in feedly

amazon

  • 初期設定の依頼時に使ってみました。役に立ちます。
  • 一緒にいても会話をしない人たち

よろしくお願いします。

アフィリエイト