ご案内

  • ◎「一ノ谷博士の四方山話」はリンクフリーです。
  • ◎コメントは承認制になっています。
  • ◎ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ人気ブログランキングへ

Twitter

クリックで救える命がある

  • クリックで救える命がある。
無料ブログはココログ

カテゴリー

« パスワードの解読について考える | トップページ | エラーが発生したため、Explorer.exe を終了します »

2010年8月15日 (日)

パスワード作りの考え方。

 パスワードを作るときの考え方について書いてみよう。
パスワードは当然ながら簡単に見破られてはいけない。

ここでは見破られにくい理想的なパスワードの条件を考えてみる。

①他人に推測されにくく、自分は覚えやすい文字列。
②意味のない文字列(辞書に載ってないような文字列)。
③大文字、小文字、数字、記号などを一つ以上使う。
④できるだけ長くする。(最低でも8文字以上)
⑤メモを残さない。

これを守れば見破られにくいパスワードが作れるかもしれないが私には実行不可能である。
しかし、やはり破られにくいパスワードは必要である。
そこで、自分の家にある本から適当なやつを選び、タイトルや文章をローマ字に変えて、頭から子音だけを抜き出し、その文字列の適当な場所に記号を挿入したり、大文字や小文字を混ぜてパスワードにする。
このやり方だと比較的簡単に長くて破られにくいパスワードができる。
これを紙にでも書いて財布にでも入れておく。
もちろん、パスワードだとわかるようにしてはいけない。
この方法で作ったパスワードを3ヶ月に一回程度、定期的に更新すれば理想的とはいえなくてもほぼ安心だろう。

マイクロソフトではパスワードの強度をチェックできるWebサイト「パスワードチェッカー」を公開している。このサイトは総当たり攻撃に強いかどうかを判定している。
たとえばパスワードに《#Microsoft%Corporation$》などと入れてみると最強と判定されるが辞書攻撃には弱いかもしれない。

パソコン修理・設定はT&MPCサービス福岡
スマホからはこちら

最後まで読んでくれてありがとう。クリックお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

« パスワードの解読について考える | トップページ | エラーが発生したため、Explorer.exe を終了します »

セキュリティ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

パソコン豆知識」カテゴリの記事

初期セットアップ関連」カテゴリの記事

基本操作・便利技」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561038/49154772

この記事へのトラックバック一覧です: パスワード作りの考え方。:

« パスワードの解読について考える | トップページ | エラーが発生したため、Explorer.exe を終了します »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

パソコンの修理・設定・トラブル解決はT&MPCサービス福岡

Facebook

Feedly

  • follow us in feedly

amazon

よろしくお願いします。

アフィリエイト