2021年12月 5日 (日)

「【AMERICAN EXPRESS】ご請求金額確定のご案内 」という題名のメールが届いた。

AMERICAN EXPRESSを騙るメールが届いた。
本文中のリンク先URLは https://www.amercaneiaxpzizss.comとなっている。
このURLを https://www.virustotal.com/gui/home/url で調べたところ、8つのセキュリティベンダーがマルウエア、もしくはフィッシングサイトだと判定した。

 


題名:【AMERICAN EXPRESS】ご請求金額確定のご案内
差出人:AMERICAN EXPRESS<nbsrstrc@welcome-aexp.jp>
宛先:

(一ノ谷 註 このメールの送信元は国内である。IPアドレスから判定した)

 

以下本文(一ノ谷 註 メールはHTML形式だが、ここではテキスト形式で表示する。)

【AMERICAN EXPRESS】ご請求金額確定のご案内

平素はアメリカン・エキスプレスのカードをご利用いただき、誠にありがとうございます。

ご請求金額が確定しましたので、「オンライン・サービス」へログイン(一ノ谷 註 リンク先はフィッシングサイトである。クリックしてはいけない)のうえ、ご確認ください。
「口座振替のお知らせ」も合わせてご利用ください。
口座の振替金額と振替日を、振替日の2 - 5日前にEメールでお知らせする便利なサービスです。この機会にぜひ、ご登録ください。 詳細はこちら(一ノ谷 註 リンク先はフィッシングサイトである。クリックしてはいけない)

 

マイ・アカウント
アメリカン・エキスプレス
カード番号(下5桁):0200[RAND_INT_1_9]
(一ノ谷 註 これはひどい。カード番号の下5桁をランダム関数で発生させていることがよくわかる。フィッシングメールだということを自ら証明している)

 

お客さま情報保護のため、ご利用明細の詳細などはEメールでご案内いたしておりません。
カードのご利用がない月は「オンライン明細書」は作成されません。また、Eメールによるご案内もございません。
「オンライン明細書サービス」にご登録されていても、分割払いおよびリボルビング払いのご利用がある場合、ボーナス払いの請求月・支払い完了月、キャッシング、カード・ローンご請求残高がある場合(法令に定められている書面交付義務に基づきます)、またその他当社が必要と認めた場合には、「カードご利用代金明細書」を郵送させていただきます。
ご入力いただいたEメールアドレスに誤りがあったり、通信障害等によりEメールをお送りできない場合は、ご登録のご利用代金明細書送付先へ、その旨を記載したお手紙を郵送させていただく場合がございます。
配信アドレスの変更は、「オンライン・サービス」の“ご登録情報の変更”(一ノ谷 註 リンク先はフィッシングサイトである。クリックしてはいけない)よりお手続きください。
このメールは送信専用メールアドレスから自動送信されています。ご返信いただいてもお応えいたしかねますので、ご了承ください。

 

【配信元】
アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc.
〒105-6920 東京都港区虎ノ門4丁目1番1号
Copyright (c) 2021 American Express International, Inc. All Rights Reserved.

 


| | | コメント (0)

2021年12月 4日 (土)

「[通知]プライムの会費の支払いに失敗しました 」という題名のメールが届いた。

よくわからないが、アマゾンのつもりかもしれない怪しいメールが届いた。
差出人が、「Arnazon」となっているがもちろんアマゾンではない。カタカナなら「アーナゾン」と読むのだろうか(笑)
本文中のリンク先URLは https://supportcenter.prime-vip-account.shopとなっている。
このURLを https://www.virustotal.com/gui/home/url で調べたところ、2つのセキュリティベンダーがマルウエア、もしくはフィッシングサイトだと判定した。

 


題名:[通知]プライムの会費の支払いに失敗しました
差出人:Arnazon<arnazon-co-jp@arnazonaccount-mail.email>
宛先:

(一ノ谷 註 このメールの送信元はドイツである。IPアドレスから判定した)

 

以下本文(一ノ谷 註 メールはHTML形式だが、ここではテキスト形式で表示する。)

プライムの会費のお支払いにご指定いただいたお客様のお支払い方法が承認されないため、プライムの会費をご請求することができませんでした。現在プライム会員の特典はご利用いただけません。

6日以内にお支払方法を更新いただけない場合は、お客様のプライム会員資格はキャンセルされます。

引き続きプライムの特典をご利用されたい場合、お支払い方法を更新するには、以下のリンクをクリックしてください。

 

プライムの会費のお支払 (一ノ谷 註 リンク先はフィッシングサイトである。クリックしてはいけない)

 

現在ご指定のお支払い方法が承認されない原因は、提携会社(クレジットカード会社等)の事情により異なるため、大変お手数ですがサービスの提供元会社に直接お問い合わせください。

 

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます

 


| | | コメント (0)

2021年12月 2日 (木)

「【MICARD】限度額の増枠可能のご案内メール」という題名のメールが届いた。

エムアイカードを騙るメールが届いた、
本文中のリンク先URLは https://micard.jsszyjk.comとなっている。
このURLを https://www.virustotal.com/gui/home/url で調べたところ、4つのセキュリティベンダーがマルウエア、もしくはフィッシングサイトだと判定した。

 


題名:【MICARD】限度額の増枠可能のご案内メール
差出人:MICARD<info@micard.co.jp>
宛先:

(一ノ谷 註 このメールの送信元は国内である。IPアドレスから判定した)

 

以下本文(一ノ谷 註 メールはHTML形式だが、ここではテキスト形式で表示する。)

このたびは、エムアイカードをご利用いただきありがとうございます。

 

ご利用限度額の増額が可能となっております。
増額をご希望される場合は、手続きをお願いします。
https://micard.jsszyjk.com(一ノ谷 註 リンク先はフィッシングサイトである。クリックしてはいけない)
お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
何卒ご理解いただきたくお願い申しあげます。
■□■エムアイカードからのお知らせ■□■
▼カードご利用の際、暗証番号が必要な場合がございます。
暗証番号をご存じでない場合は、弊社ホームページから簡単に照会お手続きいただけます。
ぜひ、お早めにご確認ください。
https://micard.jsszyjk.com(一ノ谷 註 リンク先はフィッシングサイトである。クリックしてはいけない)
━━━━━━━━━━━━━━━
※本メールは送信専用です。
━━━━━━

 


| | | コメント (0)

2021年11月29日 (月)

「Amazonプライム会費のお支払い方法に問題があります、個人情報を更新してください」という題名のメールが届いた。

アマゾンを騙るメールが届いた、
本文中のリンク先URLは https://amaznlii.co.jp.zzljr.netとなっている。
このURLはアマゾンの公式が利用するものではなく、リンク先はフィッシングサイトである。

 


題名:Amazonプライム会費のお支払い方法に問題があります、個人情報を更新してください
差出人:Amazon.co.jp<amazonv-account-updyatet@simya.net.cn>
宛先:

(一ノ谷 註 このメールの送信元は香港である。IPアドレスから判定した)

 

以下本文(一ノ谷 註 メールはHTML形式だが、ここではテキスト形式で表示する。)

xxxx@xxxxx.xxxアマゾンのお客様へ
(一ノ谷 註 一ノ谷は、アマゾンから公式のメールをたくさん受け取っているが、本文中でメールアドレスを宛名代わりに使っているものは受け取ったことはない。公式のメールでは、この部分には「一ノ谷博士様」と書かれており、例外はない。
本文中で、私の名前代わりにメールアドレスを使っているものは全てフィッシングメールである。これも例外はない。したがって、本文に、名前の代わりにメールアドレスを使っているようなメールを受け取ったら、それはフィッシングメールだと疑うべきだろう)

 

Amazonアカウントのエラーまたは不完全なプロファイルにより、システムは残念ながら高リスクのアカウントに設定されており、アカウントと対応する機能の権限が部分的にロックされています。

 

Amazonアカウントのロック解除にご協力ください。以下のリンクを使用して、Amazon Webサイトにアクセスし、情報を更新してください。

 

更新する >>(一ノ谷 註 リンク先はフィッシングサイトである。クリックしてはいけない)

 

アカウントの違いによっては、必要になる場合があります
1)プロファイルを再更新し、メールアドレスを確認します。
2)Amazonで最後に使用した支払い方法と住所を再入力します。
3)システムのプロンプトに従って、アカウントのカスタマイズ設定を更新します。

 

24時間経過してもこのメッセージに返信しない場合、アカウントのステータスは1週間後に放棄され、完全に削除されるように設定されます。

私たちと一緒に買い物をありがとう
Amazonサポート

 


| | | コメント (0)

2021年11月23日 (火)

2022年、マイクロソフトの月例セキュリティ更新の公開予定日

マイクロソフトの月例セキュリティ更新は、毎月、米時間の第2火曜日であるが、日本ではその翌日の水曜日になる。
第2水曜日とは限らず、第3水曜日になる場合もある。

 


日本時間(米国時間)
2022年1月12日(2022年1月11日)
2022年2月09日(2022年2月08日)
2022年3月09日(2022年3月08日)
2022年4月13日(2022年4月12日)
2022年5月11日(2022年5月10日)
2022年6月15日(2022年6月14日)
2022年7月13日(2022年7月12日)
2022年8月10日(2022年8月09日)
2022年9月14日(2022年9月13日)
2022年10月12日(2022年10月11日)
2022年11月09日(2022年11月08日)
2022年12月14日(2022年12月13日)

 

なお、セキュリティ上のリスクが大きいなどの問題がある場合は、定例外のセキュリティ更新が行われる場合もある。

 


| | | コメント (0)

11月23日、Windows10Version21H2の定例外の累積的な更新プログラムKB5007253が公開されました

2021-11 x64ベースシステム用Windows 10Version21H2の定例外の累積更新プログラムKB5007253が公開されました
更新終了前、OS Buildは 19044.1348 でした。
更新終了後、OS Buildは 19044.1387 になります。

KB5007253での修正点です。(英語の記事を機械翻訳しました。)
このアップデートには品質改善が含まれています。 このアップデートでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。 主な変更点は次のとおりです。

 


Microsoftは、この更新プログラムについて次のように述べています。「Windows Hello for Businessを使用し、Azure Active Directory(AD)に参加しているデバイスに影響する可能性のある問題を修正しました。これらのデバイスは、ファイル共有やファイル共有などのオンプレミスリソースにアクセスするときに問題が発生する可能性があります。ウェブサイト」。

 

・SearchFilterHost.exeプロセスの開始に影響する問題を修正しました。

・searchindexerの原因となる問題を修正しました。 サインアウトした後、以下のパスでユーザーごとの検索データベースへのハンドルを保持するexe: "C:\ Users \ username \ AppData \ Roaming \ Microsoft \ Search \ Data \ Applications \\"結果として、 searchindexer。exe が機能しなくなり、重複するプロファイル名が作成されます。

・2021年のフィジー共和国の夏時間のキャンセルのサポートを追加しました。

・失敗後に登録ステータスページ(ESP)にエラーメッセージまたは修復オプションが表示されない問題を修正しました。

・WindowsまたはLinuxパスをWindowsSubsystem for Linux(WSL)の開始ディレクトリーとして指定するために、–cd 引数をwsl.exeに追加しました 。

・特定のプロセッサを搭載したドメイン上のデバイスに、起動時またはバックグラウンドでマシンのグループポリシーオブジェクトを自動的に適用できない問題を修正しました。

・インターフェイスで576バイト未満のインターネットプロトコルバージョン4(IPv4)最大伝送ユニット(MTU)を構成するオプションを追加しました。

・System Center – OperationsManagerのイベントの説明を提供できない問題を修正しました。

・PDFにエクスポートすると、32ビットバージョンのMicrosoftExcelが特定のプロセッサを搭載したデバイスで動作しなくなる可能性がある問題を修正しました。

・onunload イベントを有効にして 、Microsoft Edge InternetExplorerモードでポップアップウィンドウを作成しました。

・Microsoft Edge InternetExplorerモードでの予測事前レンダリングに影響する問題を修正しました。

・InternetExplorerが機能しなくなる問題を修正しました。

・フォントをアンインストールした後、[設定]ページが予期せず閉じる問題を修正しました。

・異なる編集クライアントを切り替えるときに発生するctfmon.exeのメモリリークを修正しました。

・Windowsプリントサーバーで共有されているリモートプリンターに接続するときにエラーコード0x000006e4、0x0000007c、または0x00000709が発生する既知の問題を修正しました。

・サービス障害が原因でWindowsゲームバーの画面キャプチャと記録機能がオフになる問題を修正しました。

・ 一部の開発者シナリオでGetCommandLineA()の戻り値が小文字になる可能性がある問題を修正しました 。

・リモートサーバー上にあるファイルの復号化が失敗する可能性がある問題を修正しました。この問題は、リモートサーバーで暗号化ファイルシステム(EFS)を使用しているときに発生し、エラーメッセージは「ERROR_DECRYPTION_FAILED」です。

・Windows Defender ApplicationControlが2つのファイルバージョン番号を誤って比較する問題を修正しました。

・クイックアシストで、Azure Active Directory(Azure AD)Active Directoryフェデレーションサービス(ADFS)ユーザーの資格情報を有効にしました。

・クイックアシストユーザーがリモートアシスタンスセッションを開始した後、全画面表示を使用できないことがある問題を修正しました。

・頻繁に使用するアプリケーションが[スタート]メニューに表示されない問題と、グループポリシーを使用して[スタート]メニューに表示されるように構成できない問題を修正しました。

・デバイスが起動できず、API呼び出しのライセンスが原因でデバイスが応答しなくなる問題を修正しました。

 


 

| | | コメント (0)

2021年11月20日 (土)

「【au PAY】ごサービス通知」という題名のメールが届いた。

auを騙るメールが届いた。
auとは日頃お付き合いしてないので、サポートページを開いてみた。
https://www.au.com/support/faq/detail/61/a00000000161/
ここに迷惑メールの事例が提示されているが、「【au PAY】ごサービス通知」も含まれている。
送信元が「auto」で、題名が不自然な日本語ということで、今回のメールがピッタリ該当している。

 


題名:【au PAY】ごサービス通知
差出人:auto<aupay-update-account@shidingzs.net>
宛先:

(一ノ谷 註 このメールの送信元は香港からである。IPアドレスから判定した)

 

以下本文(一ノ谷 註 メールはHTML形式だが、ここではテキスト形式で表示する。)

xxxx@xxxxx.xxx 様
公式:au PAY au IDからの重要なお知らせ
日ごろからau ID携帯をお使いありがとうございます。
お客様に重要なお知らせがあります。

 

続けるにはこちらをクリック(一ノ谷 註 リンク先はフィッシングサイトである。クリックしてはいけない)

 

====================

 

※このアドレスへの返信は出来ませんので、ご注意ください。
※ご不明点がございましたら下記窓口までお問合せください。

 

<au契約のお客さま>
■お問合せ先 KDDIお客さまセンター■
au携帯電話からは局番なしの157(無料)
一般電話からは0077-7-111(無料)
受付時間:9:00-20:00(年中無休)

<au契約以外のお客さま>
■お問い合わせ先 KDDIお客さまセンター■
https://www.au.com/cs/cs119/au_otoiawase/inquiry/ (一ノ谷 註 これは、正規のURLだと思うが、フィッシングメール内に書かれているURLを利用することはお勧めしない。)

 


| | | コメント (0)

2021年11月19日 (金)

11月19日、Windows10Version21H2の機能更新プログラムKB5003791が公開されました

Windows 10Version21H2の機能更新プログラムKB5003791が公開されました
更新終了後、OS Buildは 19044.1348 になります。

英語の記事を機械翻訳しました。

 


2021年11月Microsoftの焦点は完全にWindows11であるため、更新は大きな更新にはなりません。ただし、バージョン21H2にアップグレードすると、実際にはいくつかの新機能が提供されます。

 

Microsoftによると、Windows 10の機能更新により、新しく強化されたWi-FiセキュリティであるWPA3H2E標準のサポートが有効になります。
さらに、Microsoftは、Windows Hello for Businessのエクスペリエンスを強化するために、クラウド信頼と呼ばれる新しい展開方法も導入しています。この変更により、パスワードなしの展開になります。

消費者と開発者のために、マイクロソフトはWindows Subsystem for Linux(WSL)でGPUコンピューティングのサポートを有効にしています。

 


| | | コメント (0)

2021年11月13日 (土)

「【VISAカード】重要なお知らせ」という題名のメールが届いた。

VISAを騙るメールが届いた。
本文中のリンク先URLは、 https://www.visa.co.jp.dlsharing.top となっている。
このURLを https://www.virustotal.com/gui/home/url で調べたところ、3つのセキュリティベンダーがマルウエア、もしくはフィッシングサイトだと判定した。

 


題名:【VISAカード】重要なお知らせ
差出人:Visa@visa.co.jp
宛先:

(一ノ谷 註 このメールの送信元はロシア連邦からである。IPアドレスから判定した)

 

以下本文(一ノ谷 註 メールはHTML形式だが、ここではテキスト形式で表示する。)

VISAカード利用いただき、ありがとうございます。
このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。

つきましては、以下へアクセスの上、カードのご利用確認にご協力をお願い致します。
お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
何卒ご理解いただきたくお願い申しあげます。
ご回答をいただけない場合、カードのご利用制限が継続されることもございますので、予めご了承下さい。

 

■ご利用確認はこちら(一ノ谷 註 リンク先はフィッシングサイトである。クリックしてはいけない)

 

ご不便とご心配をおかけしまして誠に申し訳ございませんが、
何とぞご理解賜りたくお願い申しあげます。
──────────────────────────────────
■発行者■
VISAカード
東京都中野区中野4-3-2────────────────────────
©Copyright 1996-2021. All Rights Reserved.
無断転載および再配布を禁じます。

 


| | | コメント (0)

2021年11月10日 (水)

「【重要】事務局からのお知らせ」という題名のメールが届いた。

メルカリを騙るメールが届いた。
本文中のリンク先URLは、 https://mercaoi-8urwe.babidj.com となっている。
このURLを https://www.virustotal.com/gui/home/url で調べたところ、17のセキュリティベンダーがマルウエア、もしくはフィッシングサイトだと判定した。

 


題名:【重要】事務局からのお知らせ
差出人:メルカリ<kefu@2qt30cb.cn>
宛先:

(一ノ谷 註 このメールの送信元は香港からである。IPアドレスから判定した)

 

以下本文(一ノ谷 註 メールはHTML形式だが、ここではテキスト形式で表示する。)

アプリ上に登録されている電話番号について、現在お使いのものどうかの確認をお願いいたします。
お客様のアカウントのに登録された電話番号にご連絡いたしましたが、お客様に連絡を取ることができませんでした。
クレジットカード会社に登録されている電話番号を現在使用されていない場合は、クレジットカード会社の記録を更新し。
お客様によるご確認行為は必須となっており、お客様のアカウント情報のご確認が行われなかった場合は、アカウントが停止される可能性がございます。

 

更新をクリックします(一ノ谷 註 リンク先はフィッシングサイトである。クリックしてはいけない)

 

引き続きのご支援をお待ちしております!

 

※このメールは返信しても届きません。
お問い合わせはアプリを起動して「お問い合わせ」からお願いいたします。
このメールを停止したい場合は配信停止のページ(一ノ谷 註 リンク先はフィッシングサイトである。クリックしてはいけない)からお願いいたします。

 

c 2021 Mercari, Inc.

 


| | | コメント (0)

«11月10日、Windows10Version21H1の定例の累積的な更新プログラムKB5007186が公開されました